音楽活動の女子大学生刺傷 懲役14年6か月の判決 | NHKニュース

軽すぎるだろ。


去年5月、東京・小金井市で、音楽活動をしていた女子大学生がナイフで刺され、一時、意識不明の重体になった事件の裁判員裁判で、東京地方裁判所立川支部は、殺人未遂などの罪に問われた被告に対し、「抵抗できない状態になっても執ように刺し続けるなど、死亡していてもおかしくない危険で悪質な犯行だった。一方的に恋愛感情を抱き、落ち度のない被害者を逆恨みして事件を起こしていて、動機に酌むべきところは一切ない」と述べ、懲役14年6か月の判決を言い渡しました。

去年5月、音楽活動をしていた大学3年生の冨田真由さん(21)が、東京・小金井市のライブ会場の前でナイフで刺され、一時、意識不明の重体になった事件では、群馬県伊勢崎市の無職、岩崎友宏被告(28)が殺人未遂などの罪に問われました。

裁判員裁判で、被告側は「犯行は衝動的だった」と主張したのに対し、検察は「一定の計画性がある」として、懲役17年を求刑していました。

28日は判決を前に岩崎被告が最終陳述を行い、「冨田さんや家族に多大なご迷惑をおかけし、申し訳ありません。衝動的に大きな声を出して怖い思いをさせてしまい、心から反省しています。冨田さんには二度と近づかないことをこの法廷で誓います。忍耐力を刑務所で身につけたい」と述べました。そのうえで、今月20日の初公判では起訴された内容を認めていましたが、28日は「私は殺意は認めません」と主張しました。

このあとの判決で、東京地方裁判所立川支部の阿部浩巳裁判長は「被告が被害者に殺意を抱き、凶器としてナイフを購入するなど一定の計画性があったと言える。被害者が抵抗できない状態になっても執ように刺し続けるなど、34か所もの傷を負わせ、死亡していてもおかしくない危険で悪質な犯行だった」と指摘しました。

そして、「一方的に被害者に恋愛感情を抱き、その思いが受け入れられず、プレゼントを返送されたことなどで、落ち度のない被害者を逆恨みして事件を起こしていて、動機に酌むべきところは一切ない」と述べました。
そのうえで「理不尽な事件に巻き込まれ、心身に重大な傷を負って、シンガーソングライターとしての活動が困難となった。被告は殺意に関して不合理な弁解に終始するなど、内省が深まっていると評価できないが、客観的な事実についてはおおむね認め、一応の謝罪の言葉は述べている」として、岩崎被告に対し、懲役14年6か月の判決を言い渡しました。

岩崎被告は、じっと前を見つめ、判決の言い渡しを聞いていました。そのあと、前に向かって深く一礼していました。

判決のあと、阿部裁判長は「被害者の夢を奪った重大性を自覚してもらう必要があります。自分をコントロールして、ルールを守る姿勢を刑に服している間に身につけてください。裁判員から被告に伝えてほしいと言われたので、代表して私が伝えました。しっかりと受け止めてください」と、岩崎被告を諭しました。

被害者は言葉出ない状態

被害者側の弁護士によりますと、冨田真由さん(21)は、弁護士から判決内容を聞くと、しばらく沈黙したあと、「懲役17年でも短いと思っていたのに」とつぶやいたということです。

このあと、冨田さんは言葉が出ない状態になっているということで、弁護士は「しばらくたってから、より詳しい本人のコメントを出したい」としています。

被告の弁護士「コメントできる状態にない」

判決の言い渡しのあと、岩崎友宏被告の弁護士は「コメントできる状態にない」と話していました。

裁判員務めた男性「行為認めて反省してほしい」

裁判員を務めた50代の男性は「被告は不規則な発言を繰り返すなど、裁判を乱しており、反省がないと思った。自分の行為を認めて反省し、更生してほしい」と話しました。

また、被害者の冨田真由さんが法廷で意見を述べたことについては、「冨田さんは常に泣いている様子だった。被告と同じ空間にいたくなかったはずだが、勇気があったと思う。意見を聞いて相当なダメージがあることがわかり、憤りを感じた」と話しました。

情報源: 音楽活動の女子大学生刺傷 懲役14年6か月の判決 | NHKニュース

ハァ・・・