<小金井ストーカー判決>懲役14年6月 東京地裁立川支部

短いな・・・


音楽活動の女子大学生刺傷 懲役14年6か月の判決 | NHKニュース


東京都小金井市で2016年5月、音楽活動をしていた女子大生・冨田真由さんがファンの男に刺され、一時意識不明になった事件の裁判員裁判の判決が2月28日、東京地裁立川支部であった。

阿部浩巳裁判長は、殺人未遂と銃刀法違反の罪に問われた岩埼友宏被告人に対し、懲役14年6月(求刑懲役17年)を言い渡した。被害者参加制度を利用した冨田さん側は、無期懲役を望んでいた。

岩埼被告人は、ナイフで冨田さんの首や胸など34カ所を刺した。

冨田さんは奇跡的に回復したものの、顔に傷が残り、口元にもまひがあるという。裁判の意見陳述では「傷のない元の身体を返して」「今度こそ私を殺しに来るかもしれない」などと述べ、厳罰を求めていた。

情報源:小金井ストーカー事件、岩埼被告人に懲役14年6月 (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース


東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)が刺されて一時重体となった事件で、殺人未遂罪などに問われたファンの無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判の判決公判が28日、東京地裁立川支部で開かれた。阿部浩巳裁判長は、岩埼被告に懲役14年6月(求刑懲役17年)を言い渡した。

公判では冨田さんが「普通に過ごすはずだった毎日を返してほしい。傷のない体を返してほしい」と意見陳述。その際、岩埼被告が「じゃあ殺せよ」などと大声を出し、退廷を命じられる場面もあった。

起訴状などによると、岩埼被告は昨年5月21日午後5時5分ごろ、小金井市本町のライブハウスが入る建物で、出演予定だった冨田さんの首や胸をナイフで多数回刺して殺害しようとしたとされる。

冨田さんは一時意識不明の重体となり、現在も口や舌、視力などに後遺症がある。

情報源:【女子大生ストーカー刺傷】ファンの男に懲役14年6月判決 東京地裁立川支部 – 産経ニュース


東京都小金井市で昨年5月、芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)を刃物で刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判で、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)は28日、懲役14年6月(求刑・懲役17年)を言い渡した。

公判では被害者参加制度を利用した冨田さんが、法廷でついたて越しに意見陳述し、「(被告は)ファンではなくストーカー。大切に積み重ねた時間を奪われた。傷のない元の体を返してほしい。頭がおかしくなるぐらい悔しい」などと時折言葉を詰まらせながら訴えていた。

冨田さんが「絶対同じことをする。野放しにしてはいけない」と厳しい処罰を求めたところ、被告が「じゃあ殺せよ」と大声でさえぎる場面もあった。冨田さんは「思い通りにならないと殺そうとする。恨んで殺しに来る」と涙声で陳述を続けたが、被告は「殺すわけないだろう」と叫んで退廷を命じられた。

岩埼被告は22日の被告人質問で、冨田さんを刺した後、「生きたいの、生きたくないの」と問いかけ、「『生きたい』と答えたように思ったので助けたいと思い、119番をした」と述べていた。

事件の約1週間前にナイフを購入したことについては「(冨田さんに)直接会って話せるか分からないので、(自分が)逃げ出さないように、精神的な支えとしてお守り代わりに買った」と主張し、事件の計画性を否定。冨田さんを刺した理由については「なぜかは分からない。拒絶の態度を取られて、絶望や悲しみ、怒りを感じた」としていた。

検察側は論告で「一定の計画性があり殺意も強固。類例のない悪質性、反社会性がある」と指摘していた。

起訴状などによると、岩埼被告は昨年5月21日午後5時5分ごろ、小金井市本町6のライブハウス前で、折りたたみ式ナイフにより首などを多数回突き刺すなどして、冨田さんを殺害しようとしたとされる。冨田さんは一時意識不明の重体となった。【蒔田備憲、森健太郎】

情報源: <小金井ストーカー判決>懲役14年6月 東京地裁立川支部 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース


求刑も短かったが、判決も短すぎる。