【訃報】「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナさん死去 89歳

死因は不明(老衰?)。



「ミッフィー」作者のオランダの絵本作家が死去 | NHKニュース


うさぎのミッフィー(うさこちゃん)で知られるオランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが16日、故郷の中部ユトレヒトで老衰で死去した。89歳だった。発表したオランダの出版社によると、自宅でやすらかに息を引き取ったという。

27年ユトレヒト生まれ。53年、「りんごぼうや」で絵本作家としてデビュー。55年にミッフィーシリーズの第1作「ちいさなうさこちゃん」を発表。日本では石井桃子さんの訳で64年に出版された。ミッフィーシリーズは50カ国以上で翻訳され、ぬいぐるみやテレビ、映画なども広く愛された。120冊以上の絵本を刊行し、発行部数は8500万部を超える。(ブリュッセル=吉田美智子)

情報源:ディック・ブルーナさん死去 89歳「ミッフィー」作家:朝日新聞デジタル


世界で人気のウサギのキャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナさんが死去した。89歳だった。

同氏の作品のオランダでの出版社が発表した。死因は明らかにされていないが、出版社は「安らかに旅立った」としている。

ブルーナさんは1927年にオランダのユトレヒトで生まれ、1955年にオランダで「ナインチェ」という「ミッフィー」の絵本を刊行。これまでに30作以上出版され、50以上の言語で世界中で発行。8500万部以上売れた。

ブルーナさんは2011年から創作活動を停止しており、14年には高齢のため創作活動を引退していたと発表していた。

情報源:ミッフィーの作家ディック・ブルーナさん死去 89歳 – ライブドアニュース


【ボン=共同】AP通信などによると、世界で愛されているウサギのキャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナ氏が16日、死去した。89歳。オランダの出版社が17日、発表した。死因などは不明。

ブルーナ氏は1927年、出版社を営む家庭で生まれた。オランダでは「ナインチェ」と呼ばれるミッフィーの絵本を同国で55年から30作以上出版。日本語を含め多くの言語に翻訳され、世界で8千万部以上売れた。アニメ化もされるなど人気キャラクターとなった。

情報源:ディック・ブルーナ氏死去 「ミッフィー」作者  :日本経済新聞


世界的な人気を誇る「ミッフィー」などで知られる、オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが、故郷であるユトレヒトで亡くなった。89歳だった。

ブルーナさんは1953年に絵本作家デビュー。1955年にウサギを主人公にした絵本「ナインチェ」を生み出し、その後、描き直して各国語に翻訳、日本でも1964年に「ちいさなうさこちゃん」(翻訳:石井桃子)として刊行された。

「ナインチェ」の翻訳国数は50か国以上、発行部数は8,500万部以上。

現在、広く親しまれている「ミッフィー」は英語訳版が発売される際につけられた英語名で、日本では福音館書店の絵本シリーズは「うさこちゃん」、講談社の絵本シリーズは「ミッフィー」と使い分けられている。

情報源:「ミッフィー」のディック・ブルーナさん死去 | Narinari.com


「ミッフィー」の作者が89歳で亡くなりました。

「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナさんが2月16日、故郷のオランダ・ユトレヒトで亡くなったことを、出版社Mercisが明らかにしました。89歳でした。

ディック・ブルーナさん(公式Facebookページ)より

ブルーナさんは1927年に生まれ、1953年に絵本作家としてデビュー。124作の絵本を刊行し、世界各国で親しまれています。

公式Facebookページは、プロフィール画像が泣いているミッフィーに

関連リンク

情報源:「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナさん死去 – ねとらぼ



89歳か・・・、ご冥福をお祈りいたします。


コメントを残す