サムスンの事実上のトップ逮捕 地裁が承認 – BBCニュース

ふむ・・・


ソウル地裁は17日、サムスン電子副会長の李在鎔容疑者の逮捕を認めた。写真は13日に事情聴取のため地検を訪れた容疑者
韓国の朴槿恵大統領をめぐる疑惑事件に関連して、ソウル中央地方裁判所は17日早朝、サムスン電子副会長の李在鎔容疑者の逮捕を認め、同容疑者は逮捕された。特別検察官が、贈賄や横領の疑いで逮捕状を請求していた。李副会長は、韓国最大財閥の事実上のトップ。

サムスンは、経営陣刷新を容易にするため政府協力を求める代わりに、朴氏の支援者、チェ・スンシル被告らの非営利団体に寄付を重ねた疑いがかけられている。特別検察官は、総額410億ウォン(約41億円)が贈賄に当たると判断している。

李副会長とサムスン・グループは、容疑を否認している。

副会長は先月、他の経営陣と共に事情聴取を受けていたが、中央地裁はその時点では逮捕状請求を根拠不足と棄却。しかし今回の請求については、「新しい罪状と証拠が浮上したことを受け(容疑者を)逮捕する必要があると認められた」と裁判所報道官が声明を発表した。

朴槿恵大統領の弾劾を求める今年1月のソウル市内のデモ

韓国検察は昨年11月、チェ被告らが全国経済人連合会(全経連)の53社に、約770億ウォンを自分の財団に拠出するよう強要したと訴追。サムスンも議会公聴会で、2つの財団に計204億ウォンを拠出したと認めたが、見返りは求めていない、贈賄ではないと主張していた。

李容疑者は、チェ被告の娘を馬術選手として支援するため、馬と資金を提供したことがあると認めた上で、今では後悔していると話していた。

容疑者は現在、サムスン電子の副会長だが、父親の李健熙会長が2014年に心臓発作で倒れて以降は、サムスン・グループ全体の事実上のトップとみなされている。

検察が起訴するかどうかを判断するまでの勾留期間は20日間。

(英語記事 Samsung heir Lee Jae-yong arrested in South Korea)

情報源: サムスンの事実上のトップ逮捕 地裁が承認 – BBCニュース

ハァ・・・