正男氏家族にDNA要求 マレーシア、遺体引き渡し条件:朝日新聞デジタル

ほぉ・・・


北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)委員長の異母兄で、クアラルンプールで殺害された金正男(キムジョンナム)氏の遺体について、マレーシアの警察当局は17日、正男氏の家族に引き渡す場合、家族のDNAサンプルによる遺体の身元確認が必要との認識を示した。警察は外交ルートを通じて家族に対し、DNAサンプルの提供を求める手続きに入った。

警察によると、正男氏の家族はDNAサンプルの提出をしなければ、遺体を引き取れないという。家族から返還要請がない場合は、遺体は当地の北朝鮮大使館に引き渡されるという。17日時点で家族から返還要請は届いていない。

一方、北朝鮮政府は正男氏の遺体の早期返還を求めている。警察は16日、北朝鮮大使館からマレーシア外務省を通じて公式な引き渡し要請を受けた。遺体の返還先について、警察幹部は朝日新聞の取材に「(正男氏の)家族が最優先だが、要請がなければ大使館に引き渡す」と語った。

ただ、警察は15日に司法解剖を終えたが、毒物の特定や死因などは明らかになっていない。遺体から抽出したサンプルを化学分析する作業がなお続いている。この警察幹部は「解剖結果が出るまで遺体はどこにも返還できない」とも話す。遺体返還は来週以降にずれ込む可能性が出てきた。(クアラルンプール=都留悦史、乗京真知)

情報源: 正男氏家族にDNA要求 マレーシア、遺体引き渡し条件:朝日新聞デジタル

ふむ。


コメントを残す