「なぜわざわざ党が割れている印象を与えないといけないのか…」 民進・榛葉賀津也参院国対委員長、蓮舫代表の行動に嘆き:イザ!

HAHAHA


民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は17日の記者会見で、蓮舫代表が次期衆院選公約として「2030年原発ゼロ」を検討していることについて「国会で天下り問題など政府・与党の不祥事を追及している。今は千載一遇のチャンスなのに、(原発政策で)なぜわざわざ党内が割れているような印象を与えないといけないのか。もったいない」と述べた。

執行部が3月12日の党大会までに「2030年原発ゼロ」で意見集約を図ろうとしていることに関しては「日を切ることでもないし、数字を言うべきでもない。党内の議論も昨日から始まった。結論ありきで議論をするのなら、議論する意味がない」と批判した。

情報源: 「なぜわざわざ党が割れている印象を与えないといけないのか…」 民進・榛葉賀津也参院国対委員長、蓮舫代表の行動に嘆き:イザ!

選んだ過去の自分たちを恨め。