JAXA、小型ロケット再挑戦に意欲

ふむ・・・


宇宙航空研究開発機構(JAXA)の奥村直樹理事長は17日、1月に打ち上げに失敗したミニロケット「SS―520」4号機について「今回の原因や対策を踏まえて再度打ち上げを進めたい」と意欲を示した。具体的な時期は未定で、必要な資金について経済産業省などと調整を進める。

奥村理事長は失敗について「従来ないほど小型で軽量化への要求が高く、設計に十分配慮してきたが、結果としては不十分だった」と説明した。そのうえで「民生技術を活用してロケットを低コスト化する流れは加速している。産業界も期待していると思う」と、ミニロケット技術の必要性を強調した。今後、大学や企業などと調整して製造計画を詰める。

観測用のロケットを改良した4号機は超小型衛星を載せて内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げたが、機体からのデータが途絶えて飛行を中止した。電線のショート(短絡)が原因の可能性がある。

情報源:ミニロケット再打ち上げ、JAXA理事長が意欲  :日本経済新聞


小型ロケット「SS520」4号機=1月(JAXA提供)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の奥村直樹理事長は17日の記者会見で、1月に打ち上げに失敗した電柱サイズの小型ロケット「SS520」について、「原因と対策を踏まえて再度打ち上げを進めたい」と再挑戦に意欲を示した。時期は明言しなかった。

1月の4号機ではコスト削減を狙い、家電などに使われる市販の電子部品を導入した。奥村理事長は「民生技術を活用した軽量化と低コスト化を目指す流れは今後も加速する」と述べた。体制を強化するため、実績のあるH2Aロケットなどの技術者も計画段階から参加させる。

4号機は東京大の超小型衛星を載せ、鹿児島県から発射されたが直後に通信が途絶。安全を優先して海に落下させた。JAXAは調査の結果、振動による摩擦などで電線の被覆がはがれてショートし、データ送信機の電源が失われたとみている。

情報源: JAXA、小型ロケット再挑戦に意欲:イザ!


今度は成功するかな?


コメントを残す