広島の被爆2世、慰謝料求め国を提訴 News i – TBSの動画ニュースサイト

二世か・・・


広島の原爆で被爆した親を持つ被爆2世たちが、国の援護が不十分で精神的苦痛を強いられたとして、国に慰謝料を求める訴えを起こしました。

訴えを起こしたのは、広島で被爆した親を持つ広島と山口などの被爆2世、22人です。訴えによりますと22人は、原爆による放射線被害の遺伝的影響の可能性があるにもかかわらず、国は十分な援護策を講じず、精神的な苦痛を強いられたとして、原告1人あたり10万円の慰謝料を求めています。被爆2世で作る団体はこれまで、被爆者援護法を被爆2世に適用することなどを求めてきましたが、実現の見通しは立っていません。

「被爆2世を援護する法的措置の契機にすることを目的にしています」(広島・長崎原告団 崎山昇団長)

弁護団によりますと、被爆2世による提訴は今回が初めてで、20日には長崎地裁でも25人が提訴する予定です。(17日13:49)

情報源: 広島の被爆2世、慰謝料求め国を提訴 News i – TBSの動画ニュースサイト

そして、次は三世か?


コメントを残す