サムスントップを逮捕 韓国特別検事、贈賄の疑い

逮捕されたか・・・


【ソウル聯合ニュース】韓国最大の財閥、サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が17日午前に逮捕された。政府から独立して朴槿恵(パク・クネ)大統領が絡む疑惑とその親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を担当する特別検察官の捜査が、朴大統領に向かって一気に弾みをつけることになりそうだ。

李容疑者(右)の逮捕で、朴大統領(左)をめぐる疑惑の捜査が進展するか注目される=(聯合ニュースTV)

特別検察官チームはこれまで、李容疑者がグループ経営権承継に向け、傘下のサムスン物産と第一毛織の合併後、グループ内の出資関係を解消するための株の処分などで政府の手助けを必要とし、これを取り計らった朴大統領が崔被告を通じて見返りを受け取ったとみて調べてきた。

先月19日に李容疑者に対する最初の逮捕状請求が棄却されたことで、捜査は大きくつまずくかに見えたが、今回の再請求で逮捕状が発付された。これにより、収賄容疑がもたれている朴大統領に対する調べだけを残すことになった。

朴大統領側は聴取に応じるという原則な立場を保つ一方で、特別検察官チームの捜査に対し陰に陽に批判的な姿勢を示し、特別検察官の捜査期間終了まで10日ほどしか残されていない現在もまだ対面聴取に応じていない。聴取実施に向け調整する段階で特別検察官側が日程をメディアに漏らしたとして協議を中断するなど、今も合意に至っていない。

こうした中での李容疑者の逮捕は、特別検察官としては朴大統領側に対面聴取を必ず実施するという強いメッセージを送る効果も期待することができる。現職大統領の対面聴取は憲政史上初となる。実施された場合、特別検察官チームは収賄容疑のほかに、朴政権に批判的な芸術家や俳優ら文化・芸術界関係者をリストアップした「ブラックリスト」や、主治医や諮問医でない医師による朴大統領への診療など、朴大統領に絡む疑惑全般を確かめる予定だ。

情報源:特別検察いよいよ朴大統領に迫るか サムスントップ逮捕で


韓国・サムスングループの政権への贈賄疑惑をめぐって、裁判所は、サムスンの経営トップに対する逮捕を認めました。

逮捕されたのは、韓国最大の財閥・サムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長です。

李在鎔容疑者は、グループ内の合併をめぐって政権に便宜を図ってもらった見返りに、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告側に巨額の資金を渡した贈賄などの疑いが持たれています。

朴大統領の一連の政治スキャンダルを調べている特別検察官は、先月にも1度、贈賄などの疑いで逮捕状を請求。この時は裁判所が棄却していましたが、今回は、「追加で出された証拠などを総合すると拘束の理由と必要性が認められる」として、一転して逮捕を認めました。(17日06:44)

情報源:サムスン経営トップを逮捕、朴政権への贈賄疑惑 News i – TBSの動画ニュースサイト


16日、逮捕状審査を行う韓国ソウル中央地裁に到着したサムスングループの事実上のトップ、李在鎔サムスン電子副会長(EPA=時事)

【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告らをめぐる疑惑を調べている特別検察官チームは17日、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔容疑者(48)が系列企業の合併に政府が協力した見返りに、崔被告らに多額の支援を行っていたとして、贈賄などの疑いで逮捕した。ソウル中央地裁が逮捕状を発付した。

地裁は1月、逮捕状請求を棄却したが、再請求された逮捕状を審査した判事は「新たに示された嫌疑や追加収集された証拠資料などを総合し、逮捕の必要性を認定した」と述べた。

同チームは李容疑者を本格的に取り調べ、朴大統領の関与を追及。朴大統領本人の聴取も求めるとみられる。朴大統領の弾劾訴追案を審理している憲法裁判所は3月上旬にも決定を下す見込みで、同裁の判断にも影響を与えそうだ。

韓国最大の財閥サムスンのトップ逮捕で、経営や企業イメージが打撃を受けるのは必至。韓国経済への影響も懸念される。(2017/02/17-07:21)

情報源:韓国特別検、サムスントップ逮捕=崔被告らへの贈賄容疑-朴大統領弾劾に影響も:時事ドットコム


韓国・朴槿恵大統領の友人・崔順実被告による国政介入事件で、検察はサムスングループの実質トップでサムスン電子の副会長・李在鎔容疑者を逮捕した。グループ内の企業合併に朴政権が協力した見返りに、崔被告らに巨額の賄賂を贈った疑いなどが持たれている。

韓国・朴槿恵大統領の友人・崔順実被告による国政介入事件で、検察は韓国最大の財閥・サムスングループの実質トップでサムスン電子の副会長を務める李在鎔容疑者を贈賄などの容疑で逮捕した。

李容疑者は、グループ内の企業合併に朴政権が協力した見返りに、崔被告らに巨額の賄賂を贈った疑いなどが持たれている。

情報源:サムスンG実質トップ、贈賄容疑などで逮捕|日テレNEWS24


韓国最大の財閥、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子のイ・ジェヨン(李在鎔)副会長が、17日朝、パク・クネ(朴槿恵)大統領の知人らへの贈賄などの容疑で逮捕されました。一連の事件を捜査している特別検察官からの逮捕状請求を裁判所が認めたことによるもので、これにより、パク大統領に対する特別検察官の捜査が加速する可能性がある一方、サムスンの経営に影響が出ることも懸念されます。

逮捕されたのは、韓国最大財閥、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の副会長を務めるイ・ジェヨン容疑者です。

イ副会長をめぐっては、グループ内の企業どうしの合併をめぐって大統領府に協力を求めたほか、グループ内の株式持ち合いに関して有利な取り計らいを受けられるよう大統領府を通じて公正取引委員会に求め、その見返りとして、パク大統領や大統領の長年の知人のチェ被告の側に巨額の資金を拠出した贈賄などの疑いが持たれています。

政府から独立した立場で一連の事件を捜査している特別検察官は、先月もイ副会長の逮捕状を請求しましたが、そのときは裁判所が逮捕の必要性を認めませんでした。

しかし、特別検察官はその後も捜査を続け、追加の証拠や容疑を提示して再びイ副会長の逮捕状を請求し、裁判所は16日から17日朝にかけて行った審査の結果、今回は逮捕を認めました。

イ副会長が逮捕されたことで、イ副会長と、パク大統領やチェ被告側との贈収賄容疑などをめぐる捜査が加速する可能性がある一方、サムスングループの経営に影響が出ることも懸念されます。

サムスングループは

サムスングループは、1938年、イ・ジェヨン副会長の祖父、故イ・ビョンチョル氏が韓国南部のテグ(大邱)で創業しました。

現在、グループの中核であるサムスン電子をはじめ、重工業や建設、金融など59の系列企業を抱え、90以上の国や地域で事業を展開しています。

とりわけ、サムスン電子は、スマートフォンや半導体、家電製品などの販売を伸ばして世界的な企業へと成長し、スマートフォンではアメリカのアップルなどと激しいシェア争いを続けています。

韓国の公正取引委員会によりますと、サムスングループの総資産は去年4月の時点で348兆ウォン(33兆円余り)と、韓国の財閥の中で最大です。また、サムスングループは、韓国の輸出額全体の20%を占めるともいわれ、韓国経済のけん引役と位置づけられています。

イ・ジェヨン副会長は

サムスン電子のイ・ジェヨン副会長は48歳。韓国最大の財閥、サムスングループの創業者の孫で、日本の慶應義塾大学で経営学を学んだ経験もあります。

イ氏は、グループの中核企業であるサムスン電子で、半導体やディスプレイの部門の事業拡大などに携わり、2012年に副会長に就任しました。

父親のイ・ゴニ(李健煕)会長が3年前に心筋梗塞で倒れてからは、事実上のトップとして経営のかじ取りを担ってきました。それだけに、イ副会長が逮捕されたことで、サムスン電子の業績が回復傾向にある中で、企業イメージの悪化に加えて、経営に悪影響が出て韓国経済全体にも影響を及ぼすのではないかという懸念も出ています。

情報源:韓国 サムスングループの事実上トップ逮捕 | NHKニュース


韓国サムスン電子の李在鎔副会長=16日(共同)

韓国の特別検察官の捜査チームは17日、朴槿恵大統領の親友、崔順実被告側に賄賂を贈ったとして、贈賄容疑などでサムスン電子副会長の李在鎔容疑者(48)を逮捕した。ソウル中央地裁は1月、特別検察官の逮捕状請求を棄却したが、今回は必要性を認め逮捕状を発付した。

李容疑者は韓国最大の企業グループ、サムスンの経営トップ。一連の疑惑は国政を揺るがす事態に発展しており、地裁は事案の重大性を考慮し、「新たに構成された容疑事実と追加の証拠資料などを総合し、逮捕の必要性が認められる」とした。

李容疑者は、自身の経営権強化を図ったグループ内の企業合併を巡り、朴政権の合併後押しや優遇策などの便宜供与を期待し、崔被告側に賄賂を贈った疑いが持たれている。捜査チームは、賄賂額は約束分を含め430億ウォン(約43億円)に上るとしている。李容疑者は「見返りを期待したものではない」と賄賂性を否認していた。(共同)

情報源:【激震・朴政権】サムスン経営トップを逮捕 約43億円贈賄容疑 – 産経ニュース


(写真=AP)

【ソウル=山田健一】ソウル中央地裁は17日未明、韓国サムスン電子の事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に対する逮捕状を発付した。朴氏の疑惑などを調べる特別検事は同日午前、李容疑者を逮捕した。朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人の崔順実(チェ・スンシル)被告側に賄賂を贈った疑い。李副会長は即日拘束される見通し。韓国最大財閥サムスングループは、トップ不在の異常事態を迎える。

李副会長に対しては、特別検事の捜査班が先月も贈賄などの疑いで地裁に逮捕状を請求。先月は地裁が請求を棄却していた。今回、捜査班が新たに提示した証拠を地裁が審査し、一転して正反対の決定を下した。渉外担当の別のサムスン幹部の逮捕状は棄却した。捜査班にとっては、朴氏の疑惑解明に向け追い風になりそうだ。

李副会長は崔被告側に430億ウォン(約43億円)相当の賄賂を贈ったり、贈ろうとしたりした疑いや、430億ウォンの一部について国内資産を海外に不当に移した疑いがある。サムスングループは、これまで不正資金疑惑などで何度か創業家が捜査を受けているが、トップが逮捕・拘束されたのは初めて。

大手財閥の創業家を対象とした過去の不正事件をみると、逮捕後最低1カ月は拘束されるとみられる。李健熙(イ・ゴンヒ)会長が闘病で経営を指揮できないなか、サムスンは最大の意思決定者を失い、経営の停滞が懸念される。

サムスンは、半導体と並ぶ収益柱であるスマートフォン(スマホ)事業が、昨年の発火事故の影響で、昨年10~12月の世界シェアが2位に転落した。創業家抜きで最大の強みである迅速な意思決定を続け、スマホ事業の立て直しを進められるか、底力が問われる。

情報源: サムスントップを逮捕 韓国特別検事、贈賄の疑い (写真=AP) :日本経済新聞


ほぉ・・・