連続36時間勤務、遺品に「重圧かけるな」シール…過労自殺の西日本高速元社員遺族が刑事告訴(1/3ページ) – 産経WEST

ふむ・・・


自殺した男性の、職場の机の引き出しから見つかったシール

西日本高速道路(大阪市)の社員だった男性=当時(34)=が平成27年2月に自殺したのは、部下の労働実態を把握せず、長時間労働を減らす対策を怠ったのが原因だとして、男性の母親=神戸市=が16日、業務上過失致死容疑で、本社人事部長や関西支社長、男性が所属していた第2神明道路事務所長ら同社の計8人の告訴状を神戸地検に提出した。

母親の代理人弁護士によると、男性の自殺は神戸西労働基準監督署が27年12月、労災を認定。過労自殺の責任を業務上過失致死容疑で問うのは異例という。

未経験の仕事を担当…残業月178時間

告訴状によると、男性は高専卒業後、13年に前身の旧日本道路公団に入社し、高速道路舗装の施工管理などに従事。神戸市の第2神明道路事務所には26年10月に異動。橋の補強や撤去工事などを担当していたが、未経験だった。時間外労働は最長で月に約178時間で、約36時間連続の勤務もあり、鬱病(うつびょう)を発症、会社の寮で自殺した。

人事部長らは、パソコンのログイン時刻の調査や上司への聞き取りなどで過労の把握が可能だったのに、直属の所長や課長らは業務内容を共有する会議を開いただけで、労働時間を減らす根本的な対策をしなかったとしている。

弁護士は、業務上過失致死容疑に問える根拠として、電通社員の過労自殺で同社の民事責任を認めた12年の最高裁判決や、それ以降の判例を挙げ、「時間外労働が100時間を超える月が2、3カ月続いた場合は、過労自殺が予見でき回避義務がある」と主張している。

西日本高速道路は「コメントを控える。労働時間の正確な把握の徹底を会社全体で進めている」としている。

自殺した元社員の男性が母親に残した遺書

震災経て夢見た道…悔やむ母「何もしてあげられなかった」

男性は阪神大震災で姿を変えた日常風景にショックを受け、安全な町づくりを志していた。27年2月の自殺後、職場の机で見つかったのは、「丸投げ禁止」「重圧かけるな」と訴えるシール。同社幹部らの告訴に踏み切った母親は「なぜ人間らしい働き方ができなかったのか」と悔しさをにじませる。

「フットワークの軽い技術者が必要だ」。7年1月の大震災で倒壊した高速道路の映像を見て、中学生だった男性がショックを受けていた姿を母親は覚えている。インフラ整備に関心を持ち、高専へ。同社入社後も「勉強せなあかん」と、大学で都市デザイン工学を学び、首席で卒業。社内報で「道路舗装のスペシャリスト」として取り上げられたこともある。

寮にあった男性の遺品には、クリアファイルに挟まれた同社の内定通知があった。「大切そうに保管していた」と母親。初心を忘れずに働いていた姿が浮かんだ。

自殺の約4カ月前には、友人に「忙しいというか、(仕事を)こなせていない」と連絡していたが、家族に不満を漏らすことはなかった。男性は未経験の仕事を多く抱えており、職場に残されたシールについて母親は「(周囲に)言いたかったんちゃうかな」。

母親に「ごめんなさい。ありがとう」と伝える短い遺書も見つかった。母親は「何もしてあげられなかった」と自分を責めている。

自殺した男性の母親の告訴状を提出後、記者会見する代理人弁護士=16日午後、神戸市
■過労自殺

長時間労働や仕事での強い心理的負荷により、鬱病などの精神疾患にかかり自殺すること。電通の新入社員、高橋まつりさんが、27年12月に飛び降りて死亡したことをきっかけに社会問題化した。厚生労働省の「過労死等防止対策白書」によると、27年度に過労自殺で労災認定されたケースは、未遂も含め93件。政府は働き方改革実現会議で、残業時間の規制を急ぐ。労働問題に詳しい専門家らは、仕事が終わってから次の仕事までに一定の休息を確保する「勤務間インターバル規制」の法制化を主張している。

情報源: 連続36時間勤務、遺品に「重圧かけるな」シール…過労自殺の西日本高速元社員遺族が刑事告訴(1/3ページ) – 産経WEST

ハァ・・・