ネットで西大寺会陽をライブ中継 観音院、宝木投下や祝い込み配信: 山陽新聞デジタル|さんデジ

へぇ・・・


ネットでライブ中継される西大寺会陽=写真は昨年の会陽

インターネットで裸祭りの熱気に触れて―。西大寺観音院(岡山市東区西大寺中)は、18日に同観音院を舞台に開かれる裸祭り・西大寺会陽を初めてネットでライブ中継する。昨年3月に会陽が国重要無形民俗文化財に指定されたのを記念した事業の一環で、国内外に会陽の迫力をリアルタイムで発信する。

裸衆が宝木(しんぎ)を奪い合う本堂の天井(高さ約4メートル)と、本堂を正面から見渡せる境内南側にある石門の上(同5メートル)の2カ所にカメラを設置。当日は午後3時10分から本堂である少年はだか祭りや、同10時からの宝木投下のほか、福男が祝い主に獲得した宝木を渡す祝い込み(19日午前0時ごろ)といった一連の行事について、音声と映像を配信する。

会陽のネット配信は、過去に岡山市や民間企業が行ったことがある。同観音院は、スマートフォンの普及などでライブ中継を多くの人が楽しめる環境が整っていることや、国重文の指定で会陽への関心がさらに高まるとみて企画。境内にある防犯カメラの設置・運用を手掛ける防犯設備会社「セキュリティハウス」(同市中区倉田)から機材提供などの協力を得て実現した。

来年以降も継続する方針で、坪井綾広副住職(40)は「近年は海外からの参加者も多く、注目度が高まっている。配信を通じて会陽の臨場感を味わってほしい」と話している。

ネット配信は、同観音院のホームページで18日午後3時~19日午前1時半ごろ。URLはhttp://www.saidaiji.jp/live

情報源: ネットで西大寺会陽をライブ中継 観音院、宝木投下や祝い込み配信: 山陽新聞デジタル|さんデジ

ほぉ・・・