個人情報閲覧防止で監視カメラ設置へ 東京・中野区 | NHKニュース

無理でしょ。


東京・中野区役所の元臨時職員が、区の住民情報基盤システムで女性の個人情報を閲覧していた疑いで逮捕されたことを受けて、中野区は再発防止策として、区役所などにある個人情報の閲覧が可能な300台を超える端末すべてを監視カメラで管理する方針を決めました。

女性への強制わいせつなどを繰り返していたとして起訴された東京・中野区役所の元臨時職員の高橋健一郎容疑者は、区の住民情報基盤システムに接続して女性の個人情報を閲覧した疑いなどで、先週、再逮捕されました。

事件を受けて中野区は、「区政への信頼を揺るがす深刻な事態だ」として再発防止策をまとめました。それによりますと、区役所や区の関係施設の居室内に監視カメラを設置し、個人情報の閲覧が可能な300台を超える端末すべてについて、個人情報をメモに書き写して外部に持ち出すなど区で禁止している行為が行われていないか管理するということです。

また区の職員向けに行っている個人情報の取り扱いに関する研修を臨時職員に対しては行っていなかったため、来月上旬に緊急研修を実施するとしています。

中野区の田中謙一副参事は、「区民の不安を払拭(ふっしょく)するため、最大限の努力を行いたい」と話しています。

情報源: 個人情報閲覧防止で監視カメラ設置へ 東京・中野区 | NHKニュース

ふむ。