C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品見つかる | NHKニュース

ふむ・・・


「ハーボニー」という名前で販売されているC型肝炎の治療薬の偽造品が、奈良県内の薬局で見つかり、厚生労働省などは、色や形が正規品と異なる場合は連絡するよう呼びかけるとともに、流通経路を調べています。

偽造品が確認されたのは、「ハーボニー」という名前で販売されているC型肝炎の治療薬です。

奈良県や厚生労働省によりますと、今月10日、医師から処方を受けて奈良県内でこの薬を購入した患者から、「いつもの薬と違う」と薬局に問い合わせがあり、製薬会社のギリアド・サイエンシズが回収して調べたところ、偽造品とわかりました。

さらに調べた結果、ほかにも同じ薬局チェーンの奈良県内の2つの店舗で、偽造品が入ったボトル4本が見つかったということです。

奈良県などによりますと、正規品はひし形でだいだい色の錠剤ですが、偽造品は、ボトルの中に、形が違っていたり、まだら模様で薄い黄色をしていたりする錠剤が入っていたということです。

今のところ、偽造品を受け取った患者は1人で、健康被害の報告はないということです。

厚生労働省によりますと、この薬は1錠当たりの薬価がおよそ5万5000円と高額で、先月末までに服用した患者は全国でおよそ7万6000人に上るということです。

製薬会社は、ホームページに詳しい情報を掲載し、色や形が違うなど偽造品と疑われる場合は連絡するよう呼びかけています。
また、厚生労働省と奈良県は、流通過程で偽造品が紛れ込んだと見て、詳しい流通経路を調べています。

気をつけて 偽造品の特徴は?

C型肝炎の治療薬「ハーボニー」を販売するギリアド・サイエンシズによりますと、今回見つかった5つの偽造品のうち4つは、正規品のボトルやラベルを流用したもので、外見だけで見分けるのは難しいということです。

ボトルの中に入っている錠剤は正規品は、ひし形にだいだい色で、両面に「7985」と「GSI」とはっきり刻印されているのに対し、偽造品の多くは、だ円や丸い粒の形をしていて、色も黄色や紫色だということです。

さらに正規品のボトルは、口が銀色のシールで簡単にはがせないよう密封されていますが、偽造品は、完全には密封されていなかったり、シールが簡単にはがれたりするということです。

厚生労働省 自治体に流通対策を通知

厚生労働省によりますと、医師の処方が必要な医薬品の偽造品が薬局で販売されていたのが確認されたのは、今回が初めてだということです。

これまでのところ奈良県内の薬局以外で「ハーボニー」の偽造品が見つかったという情報は寄せられていないということで、厚生労働省などは、見つかった偽造品の成分を詳しく分析しています。

「ハーボニー」は、おととし7月に承認されたC型肝炎の治療薬で、毎日1錠ずつ、12週間服用を続けるよう添付文書で定められています。
効果が極めて高いとされ、先月末までに服用した患者は7万6000人に上るということです。

1錠当たりの薬価はおよそ5万5000円と高額で、患者1人が12週間服用するとその金額はおよそ460万円に上ります。

C型肝炎の治療薬をめぐっては、同じ製薬会社が販売する、高額薬の「ソバルディ」でも、去年、生活保護制度を悪用して、病院からだまし取った薬を転売したなどとして、暴力団の元幹部が逮捕されています。

厚生労働省は、今回の問題を受けて17日付けで自治体に通知を出し、医薬品の仕入れは、販売業の許可を持った業者から行ったうえで、不審な点が見つかった場合は、その医薬品の販売を控えることなどを、薬局や医療機関などに指導するよう求めています。

情報源: C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品見つかる | NHKニュース

厚労省の報道発表資料も公開されています。