世界最小クラスのミニロケット打ち上げ 成否は午前中に判明

ふむ・・・
※失敗した模様。


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日午前8時33分、電柱ほどの大きさの小型ロケット「SS520」4号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。東京大が開発した超小型衛星を搭載しており、人工衛星を軌道に投入する世界最小のロケットとしている。

国際的に超小型衛星の利用が急拡大しており、打ち上げ手段の一つとして技術の可能性を確かめるのが狙い。今回は低コスト化のために家電や携帯電話に使われる電子部品などの市販品を活用したのも特徴。ロケット開発に意欲のある民間企業に例を示す目的もある。JAXAの打ち上げは今回限りだが、民間で同様の小型ロケットが開発されれば、打ち上げの時期や投入する軌道などに利用者の希望を反映しやすく、利便性が高まると期待される。

小型ロケットは、全長約10メートル、直径約50センチで、長さは主力のH2Aロケットの5分の1ほどで、機体の製造と打ち上げの費用は計約5億円。

情報源:【世界最小ロケット打ち上げ】電柱大の「SS520」4号機打ち上げ 超小型衛星搭載、低コストで民間の例に – 産経ニュース


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日午前8時半過ぎ、電柱程度の大きさの小型ロケット「SS520」4号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。当初は11日の予定だったが強風のため延期していた。

東京大が開発した超小型衛星を搭載。衛星を軌道投入できる世界最小のロケットとしている。

小型ロケットは、全長約10メートル、直径約50センチ。運用中の観測ロケットを改修した3段式。機体の製造と打ち上げの費用は計約5億円。(共同)

情報源:JAXA:小型ロケット打ち上げ 超小型衛星搭載 – 毎日新聞


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日午前8時33分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で、衛星用としては世界最小級のロケット「SS520」4号機を打ち上げた。東京大の超小型衛星「TRICOM-1」(重さ約3キロ)を搭載し、7分半後に分離して地球を周回する高度約180~1500キロの楕円(だえん)軌道に投入する予定。

4号機は全長約9.5メートル、直径約50センチ、重さ2.6トン。全長は日本の主力ロケット「H2A」の約5分の1しかない。1970年に日本初の人工衛星「おおすみ」(重さ24キロ)を打ち上げた東大の「L(ラムダ)4S」ロケット(全長16.5メートル、重さ9.4トン)と比べても大幅に小さい。

SS520はこれまで、弾道飛行で高度100キロ以上の宇宙空間に達した後、海上に落下する観測用の2段式固体燃料ロケットだった。近年、超小型衛星を地上や海上の画像撮影や通信などに商業利用する可能性が開け、安いロケットのニーズが高まったため、第3段を追加した4号機を開発した。成果を民間企業に活用してもらうことを目指している。

TRICOM-1は約1カ月間、地球を周回し、カメラで地表を撮影したり、地上の端末から集めた通信データをまとめて転送したりする実験を行う計画。
実験は宇宙ビジネスを拡大するため、宇宙専用品ではない市販の電子部品などを使ってコストを下げる経済産業省の事業費(2年で約4億円)などで行われた。(2017/01/15-09:00)

情報源:世界最小級、打ち上げ=超小型衛星搭載ロケット-鹿児島でJAXA:時事ドットコム


打ち上げが天候の影響で延期されていたJAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、超小型衛星を搭載して15日午前8時33分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。搭載した超小型衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げが成功したかどうかは午前中に判明する見込みです。

JAXAが新たに開発した高さ9メートル50センチという世界最小クラスのミニロケットは超小型衛星を搭載して、15日午前8時33分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。ロケットは、衛星を覆っている先端のカバーに続き1段目や2段目を切り離しながら上昇を続け、打ち上げからおよそ7分半後に超小型衛星を高度200キロ付近で切り離したとみられます。

このあと、超小型衛星が地球を一周して日本付近の上空を再度、通過する際にデータを解析し、予定の軌道に投入されたかを確認することになっていて、打ち上げが成功したかどうかは午前中に判明する見込みです。

打ち上げられた超小型衛星は、高さ35センチ、重さが3キロという手で持ち運べるサイズで、地上の撮影などを行います。「超小型衛星」をめぐっては、電子部品の小型化や高性能化が進む中、低価格で高い機能が期待できることから、新たな宇宙ビジネスの市場を広げると世界で関心が高まっていて、JAXAは、今回の打ち上げで得られる技術を民間企業に活用してもらいたいとしています。

情報源: 世界最小クラスのミニロケット打ち上げ 成否は午前中に判明 | NHKニュース


成功かな?

ミニロケット打ち上げ失敗 データ受信できず飛行中断 | NHKニュース


「世界最小クラスのミニロケット打ち上げ 成否は午前中に判明」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。