ミニロケット打ち上げ失敗 データ受信できず飛行中断

打ち上げの続報、失敗だったか。


宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は15日午前、鹿児島県肝付きもつき町の内之浦宇宙空間観測所から小型ロケット「SS520」4号機を打ち上げた。

しかし、上昇中に不具合が生じ、打ち上げに失敗したと発表した。

SS520は東京大学が開発した重さ約3キロ・グラムの超小型衛星を搭載し、同日午前8時33分、予定通り打ち上げられた。計画では、打ち上げの約7分30秒後、衛星を高度約200キロ・メートルの軌道に投入する予定だったが、不具合が起きたため、第2段ロケットのモーターの点火を中止した。ロケットは太平洋の海上に落下した。

SS520は主に上空や宇宙の観測に使う小型ロケット。4号機は従来の2段式から3段式に改良され、SS520として初めて衛星を搭載していた。全長は約9・54メートルで、衛星を搭載したロケットとしては世界最小級だった。

情報源:世界最小級ロケット打ち上げ失敗、海上に落下 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、電柱大のミニロケット「SS―520」4号機を打ち上げたが、衛星の軌道への投入を見送ったと発表した。途中で機体からのデータ通信を確認できなくなったため、次の指令を送るのを取りやめた。ロケットの残りの部分は衛星とともに海に落下させた。データが受信できなかった理由は午前11時半からの会見で説明する見通し。

ロケットは打ち上げ当初は順調だった。予定どおりの午前8時33分に、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から発射した。

3段構成のうち第1段の飛行は正常に進んだが、途中でデータを受信できなくなった。万が一の事故や被害を防ぐため飛行を中止。第2段モーターの点火指示をしなかった。

予定では7分30秒後に衛星を分離。衛星が再び肝付町上空を通過する際に電波を受信し、約3時間後までに成功を確認することになっていた。

打ち上げられるミニロケット「SS―520」4号機(15日午前、鹿児島県肝付町)
9日、報道陣に公開されたミニロケット「SS―520」4号機(鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所)

情報源:ミニロケット、データ受信できず飛行中断  :日本経済新聞


超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、15日午前8時33分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられましたが、機体の状態を示すデータが途中で得られなくなったため、飛行を中断し、打ち上げは失敗しました。

JAXAが新たに開発した高さ9メートル50センチという世界最小クラスのミニロケットは、超小型衛星を搭載して、15日午前8時33分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。

しかし、JAXAによりますと、打ち上げの数十秒後、ロケットの1段目の燃焼が終わったあと、機体の状態を示すデータが得られなくなったということです。このため、JAXAでは安全に打ち上げを続けることができなくなったとして、2段目への点火を取りやめ、打ち上げは失敗しました。

打ち上げに失敗したロケットの機体は、警戒区域内の海上に落下したことが確認されたということです。

今回のミニロケットには、手で持ち運べるサイズの超小型衛星が搭載され、コストを抑えたロケットや衛星でも高い性能を発揮できるか確認が行われることになっていました。

JAXAは午前11時30分から記者会見を開いて、詳しい状況や今後の対応を説明するとしています。

情報源: ミニロケット打ち上げ失敗 データ受信できず飛行中断 | NHKニュース


平成29年1月15日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成29(2017)年1月15日(日)08時33分00秒、民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3kg程度の超小型衛星の打上げの実証を行うことを目的としたSS-520 4号機実験を内之浦宇宙空間観測所において実施しました。

ロケットの第1段の飛行は正常に行われましたが、飛行中に機体からのテレメータが受信できなくなったため、第2段モータの点火を中止しました。なお、ロケットの追跡は正常に行われ、ロケットは内之浦南東海上の予定落下区域に落下したことを確認しました。

関連リンク

情報源:JAXA | SS-520 4号機打上げ結果について


機体の状態を示すデータが途切れたのか。

世界最小クラスのミニロケット打ち上げ 成否は午前中に判明


「ミニロケット打ち上げ失敗 データ受信できず飛行中断」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。