パク大統領 近く「来年4月末の辞任受け入れ」表明か | NHKニュース

ほぉ・・・


韓国でパク・クネ(朴槿恵)大統領に対する弾劾をめぐる動きが進む中、大統領が、近く、与党が求めている来年4月末の辞任を受け入れることを表明するという見方が出ていますが、与党内での弾劾に同調する流れを押し返せるかは不透明です。

韓国では一連の事件をめぐってパク・クネ大統領の退陣を求める世論を背景に野党3党が大統領の弾劾を求める議案を国会に提出し、与党「セヌリ党」の非主流派がこれに同調しています。さらに、「セヌリ党」のチョン・ジンソク(鄭鎮碩)院内代表が、5日、「採決が今月9日に行われれば党の全員が採決に臨み、良心に従って投票すべきだ」と述べ、主流派も含めた党の所属議員が個人の判断で賛成票を投じることもやむをえないという姿勢を示したことから、議案が可決される見通しが一段と強まっています。

こうした中、5日、国会で開かれた聴聞会で、大統領府のホ・ウォンジェ(許元斉)政務首席秘書官は「大統領はセヌリ党の党員として決定を受け入れると言っている」と述べ、パク大統領が党から求められている来年4月末の辞任を受け入れることを近く表明するという見方を示しました。これに関連して一部の韓国メディアは、早ければ6日にも大統領が再び談話を発表するという観測を伝えています。

ただ、与党の非主流派は、強硬な世論を意識して、パク大統領が辞任の時期を明示しても弾劾を推し進めるべきだという姿勢を崩しておらず、大統領が新たな談話を通じて与党内での弾劾に同調する流れを押し返せるかは不透明です。

大統領府の周辺では5日から、平日も夜10時までは200メートル離れた場所までデモ行進をすることが認められ、早速、一部の市民が行進して大統領は即時退陣すべきだと訴えていました。

情報源: パク大統領 近く「来年4月末の辞任受け入れ」表明か | NHKニュース

ふむ。