アルコール依存症に苦しんだ40代男性が安楽死 オランダ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

アルコール依存症か・・・


ベルギーで一般医が患者の自宅で安楽死を行うための「安楽死キット」(2005年4月18日撮影、資料写真)。(c)AFP/BELGA/ETIENNE ANSOTTE
ベルギーで一般医が患者の自宅で安楽死を行うための「安楽死キット」(2005年4月18日撮影、資料写真)。(c)AFP/BELGA/ETIENNE ANSOTTE

【12月2日 AFP】安楽死が合法化されているオランダで、長い間アルコール依存症に苦しんでいた男性(41)が今年、薬物注射による安楽死の処置を受けていたことが分かった。男性の兄が雑誌に寄稿した記事で明らかにした。

男性は、幼い2人の子どももいたマルク・ランゲデイク(Mark Langedijk)さん。アルコール依存症の苦しみから解放される唯一の解決法として安楽死を選び、今年7月、両親の自宅で医師の処置を受けた。

マルクさんの兄でフリーランスジャーナリストのマルセル・ランゲデイク(Marcel Langedijk)氏は、先週発売の地元誌「リンダ(Linda)に寄稿した記事の中で、マルクさんは過去8年間に通算21回に及ぶリハビリを受け、家族にも支えられていたものの、「自分が助けを必要としているとマルクが気づいたときには既に手遅れで、アルコールに支配されていた」と書いている。

マルクさんは「死ぬのに良い日」として7月14日を安楽死の実施日に設定。当日は両親の自宅の庭で食事をしながら、人生最後の数時間を家族と一緒に過ごしたという。

マルクさんが最後の白ワインを飲み終えた後、医師が注射を3回し、マルクさんは眠りについた後に息を引き取った。

オランダと隣国ベルギーは2002年、世界で初めて安楽死を合法化した。だが安楽死の処置は厳しい条件の下で実施され、患者にとってそれ以外に合理的な解決策がないと2人以上の医師が判断した場合に限られている。

オランダでは昨年、死者数全体の3.9%に当たる5516人が安楽死の処置を受けた。安楽死を選択した人のうち70%以上はがん患者だが、認知症や精神疾患の人も2.9%おり、長期間アルコール依存症と闘っていた人も含まれる。(c)AFP/Jo Biddle

情報源: アルコール依存症に苦しんだ40代男性が安楽死 オランダ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

大変だな。