完璧な円形を描く浮遊する島が南米で発見 (写真、動画)

ほぉ・・・


米映画製作者のセルジオ・ニュースピラーさんがSF映画の撮影ロケ地を探している時に、南米アルゼンチンの湿地帯パラナ・デルタでプカプカと浮かぶ島を見つけた。ロケットニュース24が報じた。

島は直径約119メートルで完全な円形。周りの地面は、精密機械でくり抜かれたかのようにきれいな円形をしてなくなっている。

この島は水に浮いており、島の中心を軸にして回転している。

興味を抱いたセルジオさんは米国に戻った後、水力工学の専門家と工業技師を連れて戻ってきた。この島は、人工的に切り取られた可能性もあるとみられている。

セルジオさんはこの島の紹介解明に専念するため、SF映画の撮影企画を中止し、ネットで募金を募るサイト「KICKSTARTER」で解明プロジェクトの資金集めを行っている。

情報源: 完璧な円形を描く浮遊する島が南米で発見 (写真、動画)

円形の浮島か・・・