大谷2・7億円、ダルに並ぶ入団5年目球団最高額 – 野球

へぇ・・・


契約更改を終え札幌ドームをイメージしたケーキでポーズを決める日本ハム大谷(撮影・井上学)

日本ハムの大谷翔平選手(21)が5日、契約を更改し来季の年俸が今季2億円から7000万円増の2億円7000万円(金額は推定)でサインした。入団5年目の史上最高額となった。

5年目の年俸で過去最高額は13年摂津(ソフトバンク)の2億9000万円で、高卒選手では09年ダルビッシュ(日本ハム)の2億7000万円だった。

今季は投手で10勝、球速日本最速を165キロまで伸ばし、野手では打率3割2分2厘、22本塁打と飛躍。ともに規定投球回、規定打席に達しなかったが、チームを10年ぶり日本一へ導く、投打に渡る活躍が評価された。

史上初めて投手と指名打者でベストナインを同時受賞し、パ・リーグの最優秀選手(MVP)にも初選出されていた。

大谷はこれまで、契約更改について「他人の年俸は興味ないです。自分の年俸もそう(興味なし)です。お金について、どうこう言うつもりはないです」と語っていた。

情報源: 大谷2・7億円、ダルに並ぶ入団5年目球団最高額 – 野球 : 日刊スポーツ


2億7000万円で契約更改した大谷=白井伸洋撮影
2億7000万円で契約更改した大谷=白井伸洋撮影

プロ野球・日本ハムの契約更改交渉が5日、札幌市内の球団事務所であり、今季パ・リーグの最優秀選手賞(MVP)に輝いた大谷翔平(22)は、今季年俸の2億円から7千万円増の2億7千万円でサインした。大谷は投手で10勝、打者で22本塁打の「二刀流」で、チームの日本一に大きく貢献した。

また、交渉の席で球団側は大谷の将来的な米・大リーグ挑戦についても言及したという。「自分の意思を尊重してくれる、という話をしてもらった」とし、大谷が希望する時期でのポスティング移籍を球団が容認した。

情報源:大谷、2億7千万円で契約更改 希望なら大リーグ挑戦も:朝日新聞デジタル


日本ハムの大谷=北山夏帆撮影
日本ハムの大谷=北山夏帆撮影

日本ハムの大谷翔平選手(22)が5日、札幌市内で契約を更改し、来季の年俸は7000万円増の2億7000万円でサインした。5年目としてはダルビッシュ有投手(当時日本ハム、現レンジャーズ)と並び、高卒では史上最高。外国人選手を除き、5年目の最高額は社会人出身の摂津正投手(ソフトバンク)の2億9000万円。

大谷は4年目の今季、投手として10勝4敗、規定投球回数に3イニング満たなかったが防御率は1.86の好成績を残し、球速は日本最速の165キロを計測した。打者としては自己最高の打率3割2分2厘、22本塁打、67打点をマーク。104安打も放ち、史上初の「10勝・20本塁打・100安打」を達成。4年ぶりのパ・リーグ優勝、10年ぶりの日本シリーズ制覇に貢献し、史上初めて投手と指名打者の2部門で同時にベストナインに選ばれ、パ・リーグMVPも初受賞した。

入団前から大谷が希望している米球界挑戦については球団から意思の確認があり、最短で来オフに挑戦する可能性を明らかにした。大谷は「自分の意思を尊重していただける形になった」と述べた。【江連能弘】

情報源:日ハム:大谷2.7億円で契約更改 来オフにもメジャーへ – 毎日新聞


そんなもんか。