世界最小のシカ「プーズー」 日本初、埼玉に – サッと見ニュース – 産経フォト

小さいな・・・


埼玉県こども動物自然公園で一般公開が始まった世界最小とされるシカ「プーズー」=4日午後
埼玉県こども動物自然公園で一般公開が始まった世界最小とされるシカ「プーズー」=4日午後

埼玉県東松山市の県こども動物自然公園で4日、世界最小とされるシカ「プーズー」4頭の一般公開が始まった。同園によると、日本でお披露目されるのは初めてで、飼育担当者は「ぜひ皆さんにかわいらしい姿を見てほしい」と話している。

同園によると、プーズーは南米のチリ南部やアルゼンチンの一部に生息し、体長は約80センチ、体重は9キロほど。準絶滅危惧種に指定されているが、学術研究目的で輸入の許可を得て、チリのサンティアゴ・メトロポリタン公園から寄贈された。

公開されたプーズーは3歳の雄2頭と、2歳と1歳の雌。公開前からプーズー舎の前には多くの親子連れが訪れ、子どもたちは茂みから顔をのぞかせたプーズーに歓声をあげた。

情報源: 世界最小のシカ「プーズー」 日本初、埼玉に – サッと見ニュース – 産経フォト

繁殖が上手く行くといいな。