病院にタクシー突っ込む=3人死亡、7人負傷-運転手「車止まらず」・福岡:時事ドットコム

止まらなければ足を上げろ。


3日午後5時ごろ、福岡市博多区大博町の原三信病院に、個人タクシーが突っ込んだ。男女3人が死亡し、7人が負傷した。負傷者の1人は意識不明の重体。福岡県警博多署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、タクシーを運転していた松岡龍生容疑者(64)=同市西区小戸=を現行犯逮捕した。

同署によると、死亡したのは、いずれも同市博多区の職業不詳花田盛幸さん(44)と妻の美佐代さん(44)、職業不詳遠藤一行さん(53)。死因は脳挫傷や頭部外傷などだった。負傷した男女7人のうち、成人女性1人が意識不明の重体。

タクシーは病院の東館1階のガラスを突き破り、室内の壁にぶつかって止まった。

松岡容疑者は「ブレーキを踏んだが車が止まらなかった。ギアを変えてエンジンブレーキをかけようとしたが減速せず、病院に突っ込んでしまった」と供述している。同署は容疑を過失運転致死傷に切り替え、詳しい状況や原因を調べる。

当時、タクシーに客は乗っていなかったとみられる。松岡容疑者に目立ったけがはない。

近くに住む女性(78)は、スピードを上げて病院に向かって行くタクシーを目撃。「直後に大きな音がして、ラウンジに人が倒れていた。すぐに看護師さんらが駆け付け、医師が『他の病院に連絡しろ』と叫んでいた」と話した。

女性は病院内の売店に寄った直後だったといい、「5分遅かったら自分が(被害に)遭っていたかも」と声を詰まらせた。(2016/12/03-23:57)

情報源: 病院にタクシー突っ込む=3人死亡、7人負傷-運転手「車止まらず」・福岡:時事ドットコム

それでもダメならサイドブレーキをかけろ。