生徒の成績記した紙片紛失、ズボンのポケットに入れ帰宅中の男性教諭 京都・宇治:イザ!

手抜きしてんじゃないよ。


京都府宇治市教委は3日、市立黄檗中学校(宇治市五ケ庄三番割)で、3年生の一部の生徒の名前と成績などが記載された紙片が紛失したと発表した。

市教委によると、今月1日に3年生の社会科を担当する30代男性教諭が、作成した社会科の成績資料に誤りがあったため、資料を手で破り、紙片8片をズボンのポケットに入れ帰宅。翌2日、校内に紙片が落ちているのを別の教職員が発見し、7片を回収したが残り1片が見つからなかった。

残り1片は、50人分の生徒の名前と評定などが記載されていたという。3日までに校長らが該当する生徒らの自宅を訪れ、謝罪と説明を行った。

情報源: 生徒の成績記した紙片紛失、ズボンのポケットに入れ帰宅中の男性教諭 京都・宇治:イザ!

ちゃんとシュレッダーにかけろよ。