【海外発!Breaking News】授乳ママの人形で子供たちに教育を。2児の母親のアイデア作品が話題(豪) | Techinsight

へぇ・・・


なにかと世間で問題視される授乳風景。あかちゃんに食事を与えるという純粋な行為が性的な目で見られたリ批判の対象になったりする社会を悲しんでいるのは、他でもない母親たちではないだろうか。このほど、授乳行為に対する「汚名」を晴らそうと、オーストラリアのある母親が特別な人形を作り子供たちに教育を促すアイデアが話題になっている。

授乳ママの人形で子供たちに教育を(出典:http://www.huffingtonpost.com.au)

3歳と5歳の息子を持つ豪ブリスベン在住のベティ・ストラチャンさんは、この4年間、派手な顔立ちのバービー人形をもっとナチュラルな表情に変えるリペイントを趣味としていた。

自身がコミュニティグループ「ママの会」のメンバーであるというベティさんは、グループの参加者がとても素敵で支援的なママたちばかりだということを思った時に、自分がリペイントしているバービー人形でママ人形を作ってみようと思い立った。

そして赤ちゃんを抱え授乳中のママ人形を作り上げたベティさんは、大手クラフトサイトEtsyで販売してみたという。すると予想せぬ人気となり「また作って欲しい」との声が寄せられた。

ベティさんは過去に、赤ちゃんを抱いているママの人形だけでなく妊婦姿の人形も手掛けたことがあるそうだ。授乳ママ人形の目的は一つ、子供たちにこの人形を通して授乳のことをもっと深く知ってもらおうというものだ。

子供たちの身近な人形を使って、世間で否定的に受け止められがちな授乳問題を教育するというアイデアは社会にウケたようだ。現在Etsyでは、ベティさんの授乳ママ人形は完売している。

尚、ベティさんに授乳ママの人形をオーダーする時にはカスタマイズも可能だという。「肌の色や目や髪の色を選んで頂いてかまいません。その他、ほくろやそばかすなど身体的な特徴も受け付けていますよ」と話している。

子供たちが色んな肌や髪の色の人形を手にした時、そこから学ぶことは多いだろう。そして授乳しているママというアイデアも、ベティさん自身も母親という立場からこそ生まれたものに違いない。ベティさんはこの授乳ママ人形を「Mamas Worldwide Barbie」と呼んでいるという。

出典:http://www.huffingtonpost.com.au

情報源: 【海外発!Breaking News】授乳ママの人形で子供たちに教育を。2児の母親のアイデア作品が話題(豪) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

ほぉ・・・