シャープ三原工場閉鎖を検討

決定か?


台湾の「ホンハイ精密工業」の傘下で経営再建中の「シャープ」は、構造改革の一環として、電子部品を製造している三原市の三原工場を来年度、閉鎖し、福山市の福山工場に集約することを検討していることがわかりました。

シャープは、ことし8月のホンハイからの出資の完了後、新たに就任した戴正呉社長のもとで構造改革を進めるため、生産拠点の見直しなどを検討しています。

この中で、液晶テレビや照明などに使われるLEDなどの電子部品を製造している三原市の三原工場を来年度、閉鎖し、福山市にある福山工場に集約することを検討していることがわかりました。

三原工場にいるおよそ300人の従業員は、原則、福山工場に配置転換される見通しです。

また、これとは別に、スマートフォンなどを製造している東広島市にある広島工場は2か所に分かれている工場の敷地を1か所に集約する方向で検討しています。

一方、液晶ディスプレーを製造する関連会社の「堺ディスプレイプロダクト」については、現在150億円の資本金の増額に向けて、今後、関係先と協議していく考えです。

情報源: シャープ三原工場閉鎖を検討 – NHK 広島 NEWS WEB


k10010792381_1612021123_1612021128_01_02

台湾のホンハイ精密工業の傘下で経営再建中のシャープは、構造改革の一環として、電子部品を製造している広島県三原市の三原工場を来年度閉鎖し、同じ広島県内の福山工場に集約することを検討していることがわかりました。

シャープは、ことし8月のホンハイからの出資の完了後、新たに就任した戴正呉社長の下で構造改革を進めるため、生産拠点の見直しなどを検討しています。

この中で、液晶テレビや照明などに使われるLEDなどの電子部品を製造している、広島県三原市の三原工場を来年度閉鎖し、広島県福山市にある福山工場に集約することを検討していることがわかりました。
三原工場にいるおよそ300人の従業員は、原則、福山工場に配置転換される見通しです。

また、これとは別に、スマートフォンなどを製造している広島県東広島市にある広島工場は、2か所に別れている工場の敷地を1か所に集約する方向で検討しています。

一方、液晶ディスプレーを製造する関連会社の堺ディスプレイプロダクトについては、現在150億円の資本金の増額に向けて、今後、関係先と協議していく考えです。

情報源:シャープ 広島・三原工場の来年度閉鎖を検討 | NHKニュース


閉鎖の方針が固まったシャープ三原工場=広島県三原市
閉鎖の方針が固まったシャープ三原工場=広島県三原市

台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で経営再建中のシャープは2日、平成29年度に広島県内の工場を再編する方針を固めた。スマートフォンなど通信事業を行う広島工場(東広島市)は2拠点を1拠点に縮小。検討していた、発光ダイオード(LED)など電子部品を製造する三原工場(三原市)を閉鎖して福山工場(福山市)に集約する経営効率化策も実行に移し、三原工場の従業員約300人は配置転換する。

また、シャープは鴻海精密工業と共同運営する液晶パネル関連の製造・販売会社「堺ディスプレイプロダクト」(堺市、SDP)について、増資の検討に入った。液晶パネル価格の下落により、シャープは28年度に入り、持ち分法適用会社であるSDPの投資損失計195億円を計上しているが、事業拡大に向け財務基盤を強化したい考えだ。

情報源:シャープ、広島県内の工場再編へ 三原閉鎖し東広島は縮小 – 産経WEST



どうなるのかな・・・