【新・悪韓論】朴大統領、辞意に狡猾な罠 国会の混乱狙う“落とし穴”で弾劾採決も先送り (1/3ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

ふむ・・・


韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(64)が、狡猾な罠(わな)を仕掛けた。親友の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入疑惑をめぐる国民向け談話で11月29日、「国会の決定に委ねる」といい、条件付きで任期満了を待たずに辞任する意向を表明したが、これが国会を混乱させるトラップとの見方が浮上している。野党3党は30日、朴氏の弾劾訴追案をめぐる調整を本格化するが、当初目指していた12月2日から9日に採決を先送りする公算が大きくなった。韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏が迫った。

朴大統領が先月29日、「私の大統領職の任期短縮を含む進退問題を国会の決定に任せる」と述べるとともに、崔被告による国政介入疑惑について改めて謝罪した。「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」の“クセ球”と見るべきだろう。

朴氏は11月8日、丁世均(チョン・セギュン)国会議長に「国会が推薦する首相候補に、ほとんどの権限を移譲する」と提案した。だが、丁氏は申し出を拒否した。名目上の理由は、野党第1党が「すべての権限でなくてはいけない」とハードルを高めたためだ。しかし実は、国会が首相候補を一致して推薦できる状態にないからだ。

韓国の国会は、どこまでも特異だ。「6割の賛成がない議案は本会議に上程しない」という決まりになっている。与党は過半数を割り込んだとはいえ、4割超の議席を確保している。与党が提案しても、野党が提案しても、にっちもさっちも行かないのだ。

朴氏による29日の「国会の決定に任せる」発言も、同じ脈絡の中にある。だから、野党幹部は「恐ろしい落とし穴が掘られた」(朴智元=パク・チウォン=国民の党院内代表)と、今のところ弾劾推進を主張している。

しかし、全体状況は違っている。8日の議長への申し入れは、非難を浴びている朴氏自身が「ほぼ全権を委ねる次期首相候補」指名したことに野党が激しく反発したのを見ての弥縫(びほう)策という色彩が強かった。

が、今度は「大統領はそこまで下りてきた」と、多くの国民が受け止めるだろう。朴氏自身「私はもう、すべてのものを下ろした」と述べている。球は完全に国会の側に投げ込まれたのだ。

与党内の反朴槿恵派は「大統領が下野しないのなら弾劾」賛成だった。朴氏がここまで下りてきたとなると、話は別になる。弾劾は6割ではなく3分の2以上の賛成が必要だから、後任首相候補の推薦よりも難しい。

では、29日の大統領提案を受けるのか。

朴氏は「与野党が議論し、国政の混乱と空白を最小化し、安定的に政権を移譲できる方策をつくってくれれば、その日程や法の手続きに従って大統領職から退く」と述べている。

だが、大統領任期は、憲法で5年と決まっている。それを短縮するとなると、憲法違反の特別法でもつくるのだろうか。まさに“死んだふり”をしていた朴氏から「恐ろしい落とし穴」がたくさんありそうな球を投げ込まれたのだ。モタモタしていたら、世論は「悪いのは国会」となる。

朴氏が「さまざまな問題も、私としては国家のためになる事業だと信じて推進したし、その過程でいかなる個人的利益も取らなかった」と強調したことは、瓦解(がかい)した保守派の再結集につながるだろう。

朴槿恵劇場、これはますます見応え十分だ。

情報源: 【新・悪韓論】朴大統領、辞意に狡猾な罠 国会の混乱狙う“落とし穴”で弾劾採決も先送り (1/3ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

どうなるかな。