【日本の解き方】年金改革法案にレッテル貼り…民進党のひどいマッチポンプ GPIFは運用体制の変更を (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

だって、民進党って与党を叩くためだけに存在しているような政党だろう?


11月25日午前の衆議院厚生労働委員会で、年金改革関連法案について筆者は参考人として意見陳述した。同法案は同日午後の委員会で、自民、公明、日本維新の会の賛成多数で可決された。

これを「強行採決」と報じたマスコミには困ったものだ。反対する民進党議員らが委員長席に殺到し、彼らはカメラマン席に向かって「年金カット 反対!」などと書かれたボードを掲げていたが、まったく滑稽な光景である。

そもそも「強行採決」とはマスコミ用語で、少数派が審議を希望しても多数派が審議が尽きたということで採決することをいう。なかなか英訳しにくい言葉であるが、欧米では議会の手続きに従っているかぎり、「強行」とはいわないからだ。つまり、議会手続きに瑕疵(かし)がなければ、議会政治の基本としての多数決による普通の採決であるのだ。

また、野党は「年金カット法案」というレッテルを貼るが、いかがなものか。法案の中身は、年金額改定ルールの見直し、短時間労働者への被用者保険の適用拡大の促進、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の組織の見直しなどである。

年金財政を安定化させるために、2004年改正で年金給付と年金保険料のバランスを取るマクロ経済スライド制が導入された。これは、世代間格差を少しでも食い止めるための措置で、年金カットとは一方的に断定できないことから正しい表現ではない。

問題は、過去の政権でスライド制の実施を行わなかったことだ。そのため世代間格差が広がっていた。遅きに失したとはいえ、今回の法案で少しは年金の維持可能性が高まった。デフレだからスライド制を実施できないといい、デフレを放置してきたのだからひどい。

民進党は「年金カット」と言うが、デフレを放置し、それにもかかわらず年金カットをやらなかったことを自慢しているとすれば情けない。デフレを放置し失業が増えて、失業がなければ払う必要のない失業給付や生活保護費を余計に払う結果となったことをどう考えているのか。しかも、デフレ期に本来行うべきスライド制を無視して、今になってそのツケを払わざるをえなくなったのに、それを批判するとは、原因を作りながらのマッチポンプではないか。

このほか、参考人として意見陳述したのは、本コラムの読者であればおなじみであるが、今の制度の問題点として、歳入庁がないこと、消費税を社会保障目的税としていること、GPIFの運用体制である。

特に、GPIFのガバナンスを問題とするなら、今の大きな組織による裁量的な市場運用よりも、全額を非市場性の物価連動国債で運用する方がいい。リスクを抱えず、コスト安であり、ファンドマネジャーによる裁量がなく、運用が市場に与えるインパクトの問題も回避できる。この点は、市場運用が巨額になっても今のGPIFの問題点を回避できるので、大きなメリットとなる。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

情報源: 【日本の解き方】年金改革法案にレッテル貼り…民進党のひどいマッチポンプ GPIFは運用体制の変更を (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

ああ、日本社会を破壊して、中韓の都合がいい環境を構築するのも任務だったか?