YouTubeのロシア撤退の情報をロシア政府が否定

前の記事の続報


ロシア政府は、YouTubeがオンライン-シネマシアターに関する新法案に触れてロシア市場からの撤退を余儀なくされるというマスコミ報道を否定した。

ロシア通信マスコミ省のアレクセイ・ヴォリン次官はRNS通信社に対して、専門的なコンテンツを含むオーディオビジュアル・サービスの外国企業、組織の参加が20%を超過してはならないという新法案の制限にYouTubeが引っかからないことを明らかにした。

ロシア連邦通信情報技術マスコミ監督庁のワジム・アムペロンスキー公式報道官は、法案策定作業の過程でYouTubeをはじめとするビデオホールディングは法案の対象範囲からはずされたことを明らかにした。

アムペロンスキー氏は「YouTubeがロシアから撤退しうるという話は全て現実に即したものではない」と語っている。

情報源: YouTubeのロシア撤退の情報をロシア政府が否定

どっちなんだろう・・・

YouTubeがロシア撤退の可能性、マスコミがキャッチ