YouTubeがロシア撤退の可能性、マスコミがキャッチ

へぇ・・・
※続報アリ


ロシアのメディアコミュニケーション同盟の法規制委員会は、YouTubeがオンライン-シネマシアターに関する新たな法案の及ぶ範囲にあるとしたことから、YouTubeはロシアからの撤退を余儀なくされる。コメルサント紙が委員会の決定と消息筋からの情報を引用して報じた。

コメルサント紙の調べでは、ロシア人のインターネットユーザーのトラヒック(通信量)ではYouTubeがその30%以上を占めている。

11月25日にロシア議会下院(国家議会)に出された法案は外国企業に対して、1ヶ月間にわたって毎日の視聴者の数が10万人を超えるような専門的なコンテントを含むオーディオビジュアル・サービスの所有を禁じている。

情報源: YouTubeがロシア撤退の可能性、マスコミがキャッチ

確定なのか?

YouTubeのロシア撤退の情報をロシア政府が否定


「YouTubeがロシア撤退の可能性、マスコミがキャッチ」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。