ピコ太郎、スティングと“奇跡のツーショット”「ピコ太郎の写真がほしい」:イザ!

思ってたツーショットと違うw


謎の中年歌手、ピコ太郎(53)が29日放送の日本テレビ系音楽特番「ベストアーティスト2016」に生出演。共演した世界的ロック歌手、スティング(65)と舞台裏で“奇跡のツーショット”を実現させていたことが30日、分かった。

サンケイスポーツではスティングの後方に遠慮がちに直立不動で立つピコ太郎の写真を入手。ピコ太郎の関係者によると、スティング側の関係者から「ピコ太郎の写真がほしい」との要望があり撮影したという。

スティング本人がピコ太郎のファンであるかどうかは「不明」と説明としたが、ピコ太郎はカナダ人歌手、ジャスティン・ビーバー(22)のツイッター投稿で世界的な人気者になっただけに、本人が認知している可能性は高い。

スティングは6年ぶりの来日で、新曲「I Can’t Stop Thinking About You」を熱唱。歌唱後、観客に投げキスをする間にピコ太郎が登場し、「PPAP」(ペンパイナッポーアッポーペン)を披露した。

この一連の演出についてネット上では「スティングのせっかくの余韻を台無しにするな!」などのヤジが飛び交うなど盛り上がりをみせた。ピコ太郎は7日に初アルバム「PPAP」(1999円)を発売する。

スティング(手前)との“ツーショット写真”に収まるピコ太郎(提供写真)

情報源: ピコ太郎、スティングと“奇跡のツーショット”「ピコ太郎の写真がほしい」:イザ!

これでいいのか・・・?