アーチェリーの矢が住宅に 80代男性弓道場から放つ | NHKニュース

怖いなぁ・・・


ことし9月、札幌市で住宅の壁にアーチェリーの矢が刺さっているのが見つかり、アーチェリー愛好家の80代の男性が近くの弓道場から放ったものとわかりました。地元の競技団体は、男性が矢の紛失に気づいたあと、周辺をよく捜すなどの対応を取っていなかったとして、競技者の資格を取り消すことを検討しています。

札幌市などによりますと、ことし9月、札幌市豊平区にある月寒屋外競技場の弓道場から100メートル離れた住宅の外壁にアーチェリーの矢が刺さっているのを、この家の住民が見つけました。けがをした人はいませんでした。

警察などが調べたところ、見つかった矢はアーチェリー愛好家の80代の男性が弓道場で放ったもので、施設にある高さ9メートルの壁を越えて飛んできたことがわかりました。

男性は、施設側に矢の紛失を届け出ましたが、敷地内でなくしたと思い込んで周辺をよく捜していなかったということです。

地元の札幌アーチェリー協会は、男性の対応が不適切だったとして競技者としての資格を取り消すことを検討しています。

一方、札幌市が聞き取り調査をしたところ、弓道場近くの駐車場でも過去3度、地面に矢が刺さっているのが目撃されていたということで、施設を管理する札幌市とアーチェリー協会は、新たにネットを張るなどの対策を取ることにしています。

月寒屋外競技場 弓道場
月寒屋外競技場のHPより

情報源: アーチェリーの矢が住宅に 80代男性弓道場から放つ | NHKニュース

月寒屋外競技場のHPに弓道場の写真があるけど、これを超えて矢が外に飛んでいくって、射角をどれだけや間違えているんだよ。