パナソニックが新型液晶パネル 有機EL並みに鮮明 :日本経済新聞

ふむ・・・


パナソニックは28日、次世代の「有機ELパネル」のように明暗を鮮やかに映せる新型液晶パネルを開発したと発表した。医療用モニターなどとしての販売を見込んでおり、2017年秋にも主力生産拠点である姫路工場(兵庫県姫路市)で量産を始める計画だ。テレビ向け液晶の競争は激しく、同社は自動車向けを含めたテレビ以外の需要開拓を急ぐ。

パナソニックは17年1月に顧客に対して新型液晶パネルのサンプル出荷を始める。パネル内部に2枚の液晶材料を内蔵したことで明るい部分と暗い部分の差を従来比で600倍も鮮やかに表示できるようになった。

白と黒のコントラストがはっきりするため、レントゲン写真での診断の精度が高められるメリットなどがあるという。車載モニターとして使えば、ドライバーにとって視認性の向上につながる。コンテンツ映像の制作用モニターといった用途も開拓していく。

パナソニックは8月、姫路工場で生産を終了してテレビ用パネルから撤退した。工場の稼働率は25%程度に落ちているもよう。技術力を生かした新型パネルを投入して医療用など新たな受注を拡大することが液晶パネル事業の収益改善に必要になっている。

情報源: パナソニックが新型液晶パネル 有機EL並みに鮮明  :日本経済新聞

どう変わるのかな・・・