コロンビアの航空機墜落で71人死亡、サッカー選手ら6人生存

原因は電気系統の故障、パイロットは機体の軽量化のために燃料の投棄をしていたのか・・・


コロンビアのメディアなどによりますと、南米コロンビアでブラジルのサッカー選手ら81人を乗せたチャーター機が墜落しました。複数の生存者がいるという情報もあり、現地の警察などが救助活動を進めています。

コロンビアの有力紙「エル・パイス」などによりますと28日夜、ボリビアからコロンビアに向かっていたチャーター機が、中部の都市メデジンの付近で消息を絶ったということです。

チャーター機には南米のプロサッカーチームのトーナメントに参加するためブラジルのプロサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手ら72人と乗員9人の合わせて81人が乗っていたということです。

コロンビアのメディアは複数の生存者がいると伝えていて、現地の警察などが救助活動を進めています。

情報源: コロンビアでチャーター機墜落 サッカー選手ら81人搭乗 | NHKニュース


k10010788331_1611291650_1611291655_01_03

南米コロンビアでブラジル1部リーグのプロサッカーチームの選手ら81人を乗せた旅客機が墜落しました。現地の航空当局によりますと、10人が生存している情報があるということです。

コロンビアの航空当局によりますと28日夜、ボリビアからコロンビアに向かっていた旅客機から異常を知らせる連絡があり、その後、中部の都市メデジンの付近の山岳地帯に墜落しました。

航空当局はNHKに取材に対し、飛行機にはブラジル1部リーグのプロサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手ら72人と乗員9人の合わせて81人が乗っていたとしています。

また病院の話として、10人が生存していて病院で手当を受けていることを明らかにしました。さらに、事故の原因について、電気系統に何らかの不具合があった可能性が高いとの見方を示しました。

現地メディアなどによりますと、この飛行機はチャーター機で、選手らは南米のプロサッカーチームの国際大会に参加するため、移動中だったということです。現地では、強い雨が降る中、地元の警察や消防隊員などが生存者の捜索や救助活動を続けています。

シャペコエンセ Jリーグでプレーした選手も

シャペコエンセは、ブラジル南部のサンタカタリーナ州シャペコを本拠地とするプロサッカーチームで、ブラジル1部リーグに所属しています。

2009年にJリーグのヴィッセル神戸で監督を務めたカイオジュニオール監督がチームを率い、現在、ブラジル1部リーグで9位につけています。

シャペコエンセは今月27日にブラジルのサンパウロでリーグ戦を行い、この試合では、柏レイソルに所属していたサンタナ選手や、セレッソ大阪やジェフ千葉でプレーしたケンペス選手といった、Jリーグでプレーしていた選手も出場していました。

シャペコエンセは、南米のクラブチームによる国際大会「コパ・スダメリカーナ」の決勝に進んでいて、今月30日にはホームアンドアウェー方式の第1戦を相手の本拠地のコロンビアで戦う予定で、地元のメディアは、チャーター機で28日にサンパウロを出て、ボリビア経由でコロンビアに向かっていたと伝えています。

情報源:コロンビアで旅客機墜落 サッカー選手ら81人搭乗 6人生存か | NHKニュース


【リオデジャネイロ共同】AP通信などは29日、ブラジルのサッカーチームなど72人が乗った飛行機がコロンビアで墜落したと報じた。生存者がいるもよう。

情報源:コロンビアで飛行機墜落 ブラジルのサッカー選手搭乗 – 共同通信 47NEWS


ロイター通信などによると、南米コロンビア中部メデジンの近くで29日、81人が乗った旅客機が墜落した。AFP通信は、コロンビア当局がツイッターを通じ、6人が生存していると明らかにしたと伝えた。現場では消防当局が救助活動を開始した。

メデジンの空港当局者によると、旅客機には乗客72人と乗員9人が搭乗。ブラジルのサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手らが乗っていた。(2016/11/29-16:04)

情報源:81人乗り旅客機墜落=6人生存情報-コロンビア:時事ドットコム


伝えられたところによると、ブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」の選手たちを含む乗客72人を乗せた飛行機が、コロンビアで墜落した。

テレビ局「 Univision」によると、機内には乗客72人乗員9人が乗っていた。 サッカー選手らは、南米サッカー連盟主催の「コパ・スダメリカーナ」に出場するためコロンビアのメデジンに向かっていた。

マスコミによると、事故原因は燃料不足の可能性があるという。

なお今のところ死傷者に関する情報は伝えられていない。

情報源:コロンビアで乗客72人を乗せた飛行機が墜落


3063286

ラジオ局「360 Radio Colombia」がツイッターで現地の救助隊の情報を引用して伝えたところによると、生存者は13人。

航空機は、墜落時に爆発しなかったため、一部の乗客が生き残ったという。

最新情報によると、生存者の中にはブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」のDFアラン・ルシェル選手、GKマルコス・ダニーロ選手、GKジャクソン・フォルマン選手、客室乗務員のヒメナ・スアレスさんが含まれている。

コロンビアのラ・セハ町の町長は、現時点で死者はおよそ27人だと伝えた。

町長は、「自治体の消防スタッフは私に、25人から27人の遺体を運び出し、識別したことを確認し、現時点で9人生存の情報が入っている」と述べた。スポーツポータル「 Goal」が伝えた。

情報源:コロンビアでサッカークラブ「シャペコエンセ」の飛行機事故-13人生存


コロンビア北西部で先ほど起きた飛行機墜落事故について、ブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」の選手らが乗っていたことが判明し、ファンや関係者の間に衝撃が走っている。墜落の原因について、なんと燃料切れの可能性が出てきたもようだ。

ブラジルのサッカーチームを乗せた飛行機コロンビアで墜落(出典:http://www.telegraph.co.uk http://www.mirror.co.uk)
ブラジルのサッカーチームを乗せた飛行機コロンビアで墜落(出典:http://www.telegraph.co.uk , http://www.mirror.co.uk)

コロンビアで現地の29日未明、乗客72名、乗員9名の計81名を乗せてメデジン近郊の山間部に墜落したのは、ボリビア・サンタクルスのビルビル国際空港を発ち、コロンビアのホセ・マリア・コルドバ国際空港(メデジン)に向かっていた「ラミア・ボリビア航空(Lamia Airlines)」のチャーター機。レーダーから消えたため不時着か墜落かと情報が錯そうしていたが、CP2933という機体番号の照合により残念ながら墜落が確認された。

同機には南米サッカーの国際大会である『コパ・スダメリカーナ2016』で決勝進出を決め、30日に「アトレティコ・ナシオナル」と戦うために彼らの本拠地であるメデジンに向かっていたブラジル・サンタカタリーナ州の「アソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウ 通称:シャペコエンセ」のメンバーらが乗っていた。

『AFP通信』には6名の生存者が、また地元ラジオ局の『360 Colombia』には6~10名の生存者がおり、救助されたとの情報が入ったようだが氏名など詳細は明らかになっていない。30日の決勝戦で対戦を予定していた「アトレティコ・ナシオナル」は、事故のニュースに「あまりにも気の毒、残念でなりません」とTwitterで哀悼の意を表している。

なお事故の原因については事故調査委員会の結論を待つことになるが、欧米の多くのメディアが“due to lack of fuel(燃料切れによるもの)”と報じている。

出典:http://www.telegraph.co.uk , http://www.mirror.co.uk

情報源:【海外発!Breaking News】燃料切れが原因か ブラジルのサッカーチームを乗せた飛行機が墜落 | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト


飛行機はメデジンに向かう途中、山岳地帯に墜落した
飛行機はメデジンに向かう途中、山岳地帯に墜落した

南米コロンビア北部メデジンの近くで28日夜、ブラジル1部リーグのプロサッカーチームの選手らを含む81人を乗せた旅客機が墜落した。当局者が明らかにした。

複数の報道によると、6人が生存しているもよう。旅客機は電気系統の異常を地上に伝えていた。

空港当局によると、旅客機はボリビア発のチャーター便で、サッカーチーム「シャペコエンセ」の選手らを乗せていた。

選手らは、南米サッカー連盟が主催するクラブチームのサッカー国際大会「コパ・スダメリカーナ」の決勝で、メデジンを本拠とするチーム「アトレティコ・ナシオナル」と対戦する予定だった。

決勝の第1戦となる試合は30日に予定されていたが、中止が決まった。南米サッカー連盟は「すべての活動」を停止すると発表した。

搭乗していたチームは「コパ・スダメリカーナ」の決勝に出る予定だった
搭乗していたチームは「コパ・スダメリカーナ」の決勝に出る予定だった
墜落現場には飛行機で向かうことができない(写真は地元メディアが撮影した現場の様子)
墜落現場には飛行機で向かうことができない(写真は地元メディアが撮影した現場の様子)

未確認情報では、生存者にアラン・ルシェウ選手とダニーロ選手が含まれている可能性がある。

スポーツ番組専門のネットワーク「テレムンド・デポルテス」はツイッター(スペイン語)で、ルシェウ選手はショック状態だが、意識があり会話ができる様子で、結婚指輪をなくさないよう頼んだほか、家族に会いたいと話したという。

ブラジルで2014年に1部リーグ入りし、同国南部のシャペコを拠点とする「シャペコエンセ」は先週、アルゼンチンのサン・ロレンツォを破って決勝に勝ち進んだ。

複数の報道によると、墜落したのはボリビアでチャーター便を運航するラミア社のBAEシステムズ「BAe-146」型機で、72人の乗客と9人の乗員が搭乗していた。旅客機は現地時間の午前零時(日本時間午後2時)前にメデジン近くの山岳地帯で墜落した。

空港の発表文によると、管制塔に電気系統の異常を報告していた。

墜落現場に近いメデジン(Medellin)の位置
墜落現場に近いメデジン(Medellin)の位置

フェデリコ・グティエレス・メデジン市長は、「とても大きな悲劇だ」と述べた。メデジンのホゼ・マリア・コルドバ国際空港はツイッターで、シャペコエンセの選手が乗っていたことが確認されたとし、生存者がいるもようだと述べた。

悪天候のため、山岳地帯にある墜落現場には飛行機で向かうことができない。しかし、墜落時に火災は発生しておらず、救助活動でさらに生存者が見つかる期待も出ている。

(英語記事 Brazil football team Chapecoense in Colombia plane crash)

情報源:コロンビアで旅客機墜落 ブラジルのプロサッカー選手ら81人搭乗 – BBCニュース


ブラジルのサッカーチームを乗せたまま、シャペコエンセのコロンビア・セロ・ゴルドの山岳地帯に墜落したラミア・ボリビア航空機の残骸(2016年11月29日撮影)。(c)AFP/Raul ARBOLEDA
ブラジルのサッカーチームを乗せたまま、シャペコエンセのコロンビア・セロ・ゴルドの山岳地帯に墜落したラミア・ボリビア航空機の残骸(2016年11月29日撮影)。(c)AFP/Raul ARBOLEDA

【11月29日 AFP】(写真追加)コロンビア第2の都市メデジン(Medellin)近郊で28日夜、乗客乗員計81人を乗せた旅客機が墜落した事故で、搭乗していたブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセ(Chapecoense)の選手1人が救出され、生存者は計6人となった。

日付が変わった29日、コロンビアの災害対策当局は、墜落したチャーター機から6番目の生存者を救出していることを確認したと発表した。6人目の生存者は、エリオ・エルミート・サンピエル・ネト(Helio Hermito Zampier Neto)選手だという。当局は「他にも生存者が発見される可能性は排除していない」と述べている。

同機には乗客72人、乗員9人が搭乗していた。乗客の中には、1日に予定されていた南米サッカー連盟 (CONMEBOL) 主催の国際大会コパ・スダメリカーナ(2016 Copa Sudamericana)決勝のためにコロンビアへ向かっていた、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部所属のチーム、シャペコエンセの選手らが含まれていた。

先に発表されていた生存者5人の中には同チームのDF、アラン・ルシェウ(Alan Ruschel)選手が含まれていたとの情報もある。CONMEBOLはすでに1日の大会決勝の中止を決定している。(c)AFP

情報源:コロンビア墜落事故、サッカー選手1人救出で生存者6人に 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News


南米コロンビアのメデジン近郊で28日、ブラジルのサッカー1部リーグのクラブ「シャペコエンセ」の選手など81人が乗ったチャーター機が墜落。ブラジルメディアは警察の話として、5人が救出され、76人が死亡したと伝えている。

20161129-215109-1-0013_l

南米コロンビアのメデジン近郊で28日、ブラジルのサッカー選手など81人が乗ったチャーター機が墜落し、現地メディアによると、76人が死亡した。

墜落したのは、ブラジル1部リーグのクラブ「シャペコエンセ」の選手など乗客・乗員81人を乗せ、ボリビアからコロンビアのメデジンに向かっていたチャーター機。

コロンビアの航空当局によると、チャーター機には選手やチーム関係者、報道陣が乗っていたということで、搭乗者名簿にはサッカーJ1ヴィッセル神戸のカイオ・ジュニオール元監督らの名前が記載されている。また、ブラジルのメディアは警察の話として、5人が救出され、76人が死亡したと伝えている。チャーター機から電気系統の不具合を知らせる緊急の連絡があった後、交信が途絶えたという。

「シャペコエンセ」の選手らは、南米の強豪クラブが出場するサッカーの国際大会「コパ・スダメリカーナ」の決勝戦に出るためにコロンビアに向かっていたという。

情報源:チャーター機墜落 76人死亡、5人救出|日テレNEWS24


チャーター機墜落、75人死亡=名簿に元J1監督や選手-コロンビア:時事ドットコム


元Jリーガーらチャーター機墜落死か…ブラジル強豪チーム75人犠牲 (1/4ページ) – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)


コロンビアの旅客機墜落 ブラックボックス発見 解析へ | NHKニュース


コロンビアで旅客機墜落 ブラジルサッカー選手含む71人死亡か Jリーグ経験者の可能性も | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト


【海外発!Breaking News】ブラジルサッカーチーム飛行機事故 コーチの息子はパスポート忘れ搭乗せず | Techinsight


【コロンビア墜落事故】ブラックボックスを回収、死者は71人に – 産経ニュース


コロンビア墜落、死者75人から71人に訂正 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


シャペコエンセを優勝に=対戦相手が申し立て-チャーター機墜落:時事ドットコム


コロンビアの航空機墜落で71人死亡、サッカー選手ら6人生存 | ロイター


シャペコエンセに所属選手を 複数のクラブが無償の期限付き移籍に名乗り/サッカー/デイリースポーツ online


【コロンビア墜落事故】燃料切れで墜落か 墜落前にパイロット「完全に電気系統が切れた。燃料がない」 – 産経ニュース


CNN.co.jp : コロンビア墜落、操縦士が「燃料切れ」伝える 音声記録公開


コロンビア旅客機墜落 交信で「燃料もない」 | NHKニュース


コロンビア航空機墜落、ボリビア当局が運航会社の免許停止 | ロイター


コロンビア、どうなっているんだよ・・・