7年欠勤の理事長次男に給与3千万円 岐阜・高山短大

よく聞く話。


学校法人高山短期大学(岐阜県高山市)が、理事長の中村実氏の次男で前常務理事の男性(45)に、今年10月まで7年にわたって約3176万円の給与を不適切に支払っていたことが24日、明らかになり、短大が記者会見して経緯を説明した。ずっと欠勤していたにもかかわらず、少ない年でも年間420万円を支払っていたという。

記者会見した野尻嘉朗事務局長によると、男性は2009年4月に常務理事と事務局長に就任したが、同年9月から欠勤。事務局長職は10年に辞任したが、短大は勤務実態のないまま常務理事としての給与を支払い続けていた。野尻事務局長は「支払いは理事長の判断で、不適切だった」としている。男性は今年10月末に辞任し、中村理事長も24日朝、教職員に陳謝したという。

高山短大は国や岐阜県、高山市から年間約9千万円の補助金を受けている。21日に一連の経緯を文部科学省に報告し、弁護士などの第三者委員会を通じて詳細を明らかにするよう指示を受けたという。早ければ今月中にも委員会を設ける方針。

高山短大は同市内で高山自動車短大と付属幼稚園を運営。1961年にできた自動車高等整備学校を前身とする短大は「自動車工学科」で自動車整備士の資格を取ることができる。

情報源: 7年欠勤の理事長次男に給与3千万円 岐阜・高山短大:朝日新聞デジタル


岐阜県高山市で短大などを運営する学校法人高山短期大学は24日、平成21(2009)年から勤務実態のない元常務理事の男性(45)に、報酬として少なくとも計約3千万円を支払っていたと発表した。同法人は既に文部科学省に経緯を報告しており、第三者委員会を設置して調査するとしている。

同法人は、自動車整備などが学べる高山自動車短大や幼稚園を運営。岐阜県によると、県は幼稚園に年間3千万円程度の運営費を補助している。同法人によると、平成27(2015)年度は国や県、市から計約1億8670万円の補助を受けていた。

法人によると、男性は中村実理事長(82)の次男で、21年4月に常勤の常務理事に就任。同年9月から辞任する今年10月まで無断欠勤していたが、法人は欠勤中の22(2010)年度から辞任するまでに計3176万円支払っていた。

情報源:理事長の次男…欠勤の役員に報酬3千万円 岐阜・高山の短期大学 – 産経WEST


どこかで聞いたような内容の事件だな。

高山自動車短期大学