がんへの攻撃力、数十倍 京大がiPSから免疫細胞 :日本経済新聞

すげぇ・・・


京都大学の河本宏教授らは、がんを攻撃して死滅させる能力が高い免疫細胞をiPS細胞から作ることに成功した。「キラーT細胞」と呼ぶ細胞で、従来の作製法に比べて攻撃力が数十倍高くできた。マウスの実験で効果を確かめた。企業と組み、4年後をめどに大腸がんや腎臓がん治療に向けた臨床試験(治験)の実施を目指す。

キラーT細胞はがんを攻撃する免疫細胞の代表格だが、がん患者では攻撃力が弱まっている例が多い。外部から強力なキラーT細胞を補うことができれば攻撃力が増す。

研究チームは健康な人の血液に含まれるキラーT細胞の中で、がん細胞表面にある特定のたんぱく質の断片に反応するタイプに注目。このタイプからiPS細胞を作りキラーT細胞に再び育てた。

実験ではヒトの白血病細胞を移植したマウスに新しく作ったキラーT細胞を注射し、治療効果が高まるのを確かめた。iPS細胞からキラーT細胞を作る手法は従来もあったが、攻撃力は一定レベルにとどまっていた。

今後は臨床応用に向けて、医薬品の製造・品質管理の基準に対応したiPS細胞を使い、効果や安全性などを調べる。

情報源: がんへの攻撃力、数十倍 京大がiPSから免疫細胞  :日本経済新聞


体のさまざまな組織になるiPS細胞を使って、がん細胞を攻撃する能力の高い免疫細胞、「キラーT細胞」を作製することに京都大学のグループが成功しました。将来的に血液のがん、白血病の治療などへの応用が期待されています。
京都大学ウイルス・再生医科学研究所の河本宏教授らのグループは、iPS細胞から作った免疫細胞でがんを治療する研究を進めています。

グループでは、3年前にヒトのiPS細胞からがん細胞だけを攻撃する「キラーT細胞」を作ることに世界で初めて成功しましたが、がんを壊す能力が弱いことが課題となっていました。そこで、キラーT細胞を作る際に、特定の分子を持つ細胞だけを選び出して培養したところ、これまでと比べて最大で100倍程度、がん細胞を壊す能力が高いキラーT細胞を作ることに成功したということです。

さらにグループでは、白血病などのがん細胞に特有の「WT1抗原」と呼ばれるたんぱく質を認識するキラーT細胞を作製し、実際にがん細胞を効率よく攻撃することを実験で確認したということです。

河本教授は「将来的にはiPS細胞から作ったキラーT細胞で白血病を治療することを目指したい。今後、実用化に向けて安全性や有効性をさらに検証していきたい」と話しています。

情報源:がんを壊す能力高い細胞 iPS細胞から作製に成功 | NHKニュース


京大ウイルス・再生医科学研究所グループ

京都大ウイルス・再生医科学研究所の河本宏教授(免疫学)らのグループは、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、がん細胞を殺傷する免疫細胞「キラーT細胞」を作製することに成功し、血液のがんである白血病への治療効果をマウスで確認したと発表した。これまでの方法に比べ、高品質のキラーT細胞を効率良く増やすことができるといい、実用化を目指す。22日に米医学誌「キャンサー・リサーチ」(電子版)に掲載された。

キラーT細胞には、がん化した細胞だけを認識して破壊する性質があり、患者に投与すると、がん治療に有効であることが確認されている。これまでは、患者の体内にあるキラーT細胞を体外で培養して患者に戻す方法があったが、なかなか増えないうえ、長期間培養すると細胞が疲弊して使えないこともあった。

このため、さまざまな細胞や組織に変化するうえ増殖する能力があるiPS細胞に着目。健康な人の血液から採取したキラーT細胞をiPS細胞に変え、これを基にキラーT細胞を再び作ったところ、元のキラーT細胞よりも増殖能力があることが判明した。

グループによると、この「再生キラーT細胞」は、試験管での実験で元のキラーT細胞と同等の能力を発揮。マウスを使った実験でも治療効果が確認でき、体内の正常な細胞を過って攻撃することもなかったという。

グループは今後、他人から作ったiPS細胞を患者が利用する「他家(たか)移植」への応用を目指す。【宮川佐知子】

情報源:iPS細胞:がん殺傷免疫細胞を作製成功 – 毎日新聞


京都大学(京大)は11月22日、ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷する能力をもつキラーT細胞を作製することに成功したと発表した。

同成果は、京都大学ウイルス・再生医科学研究所 河本宏教授、前田卓也特定研究員らの研究グループによるもので、11月21日付けの米国科学誌「Cancer Research」オンライン版に掲載された。

がん細胞に反応するキラーT細胞を体外で増やして患者に投与するという手法が、一部のがんの治療に有効であることがこれまでに示されているが、キラーT細胞を培養するとある程度増えた時点で疲弊してしまうため、高品質な細胞を効率よく増やすことは一般的には極めて困難であった。

T細胞は、T細胞レセプターを細胞表面に出しており、このレセプターを使って標的になる分子(抗原)を認識する。このT細胞レセプターは、遺伝子再構成とよばれる仕組みによって作り出された遺伝子からつくられるが、がん抗原を認識できるT細胞レセプターを有するT細胞からiPS細胞を作製すると、iPS細胞には再構成されたT細胞レセプター遺伝子の構造が受け継がれる。

そこで、同研究グループは、同iPS細胞からT細胞を再生すると、がん抗原を認識できるT細胞だけを量産できることに着目。これまでにがん抗原に反応するヒトのキラーT細胞の再生に成功していた。しかし、従来の培養法では、生体中のキラーT細胞に比べると、がん抗原を標的にして殺傷する能力の弱い細胞しかつくることができなかった。

今回、同研究グループはこの問題を解決するために、培養法の改良を実施。iPS細胞からT細胞を再生させる過程で、CD4とCD8という分子を出す若い細胞が生成するが、この段階の細胞をほかの細胞から分離したうえで細胞に刺激を加えると、がん抗原を標的にして殺傷する能力の強いキラーT細胞がつくれることを発見した。

さらに同手法を用いて、WT1抗原というがん抗原を標的とする再生キラーT細胞を作製したところ、同再生キラーT細胞はWT1抗原を出す白血病細胞を試験管内で効率よく殺傷することを確認。また、免疫不全マウスに白血病細胞を注入して作製した白血病モデルにおいて、治療効果が認められたという。

同研究グループは今回の成果について、再生キラーT細胞を用いたがん治療の戦略を、臨床応用に向けて一歩前進させるものであると説明している。

今回の研究の概要
今回の研究の概要

情報源:京大、がん細胞を殺傷できる強力なキラーT細胞をヒトiPS細胞から再生 | マイナビニュース


凄い時代になったなぁ。