インド北部で急行列車脱線、乗客ら63人死亡

脱線事故か・・・


インド北部カンプール近郊で20日未明、急行列車が脱線し、地元テレビなどによると、乗客ら少なくとも45人が死亡、120人以上が負傷した。

脱線したのは、東部のパトナと中部のインドールを結ぶ列車で、14両が脱線し、うち2両は車体が押しつぶされるなど激しく損傷した。多数が車内に閉じ込められた。事故原因は明らかにされていない。インドでは線路の老朽化や操作ミスによる脱線事故が頻発している。(バンコク=武石英史郎)

情報源: インド北部で急行列車脱線、乗客ら45人死亡:朝日新聞デジタル


【プネ(インド西部)=共同】インド北部ウッタルプラデシュ州カンプール近郊で20日未明、急行列車が脱線し、大手紙タイムズ・オブ・インディア(電子版)などによると、少なくとも63人が死亡、100人以上が負傷した。

脱線したのは中部マディヤプラデシュ州インドールと東部ビハール州パトナを結ぶ14両編成の列車。鉄道や救急当局者らが現場に駆け付け、大きくひしゃげた列車から乗客らの救出に当たった。線路が損壊していたとの情報もあるが、詳しい原因は不明。

モディ首相は多くの犠牲者が出たことを「苦痛だ」とする声明を出した。インドではインフラの不備や老朽化などから鉄道事故が頻繁に発生している。

情報源:インド北部で急行列車脱線、63人死亡 負傷者100人超  :日本経済新聞


インド北部ウッタルプラデシュ州アラハバードの鉄道駅で列車を待つ人たち(2015年2月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/Sanjay Kanojia
インド北部ウッタルプラデシュ州アラハバードの鉄道駅で列車を待つ人たち(2015年2月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/Sanjay Kanojia

【11月20日 AFP】インド北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州で20日、急行列車が脱線し、警察によると少なくとも63人が死亡、150人前後が負傷した。

事故が起きたのは早朝で乗客のほとんどは就寝中だった。現場には救援隊員らが急行して救助活動を続けている。

ウッタルプラデシュ州カーンプル(Kanpur)警察は、当初報告の死者数を最低でも63人と引き上げた。

世界でも最大規模のインド鉄道網は、インドの人々にとって広大な国土を長距離移動する主要手段だが、資金不足から死傷事故が多発している。(c)AFP

情報源:インド北部で急行列車が脱線、少なくとも63人死亡 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


【ニューデリー金子淳】インド北部カンプール近郊で20日午前3時(日本時間午前6時半)ごろ、寝台列車(14両編成)が脱線し、鉄道省によると、少なくとも55人が死亡、70人以上が負傷した。重傷者も多数いるとみられ、犠牲者は増える恐れがある。原因は不明だが、レールに裂け目があった可能性が指摘されている。

地元メディアによると、脱線したのは中部インドールと東部パトナを結ぶ列車で、事故当時は乗客の多くが就寝中だった。車両はレールから外れて大きく傾き、このうち2両は衝撃でひしゃげるなど大きな被害が出た。

インドの鉄道は総延長距離が世界第4位で長距離移動の主要な交通手段だが、老朽化が激しく事故が多発している。西部アーメダバード・ムンバイ間の高速鉄道計画では日本の新幹線方式の導入が決まっており、背景には安全性への期待もあったと言われる。

情報源:インド:北部で寝台列車脱線、55人死亡、70人超負傷 – 毎日新聞


大事だな。


「インド北部で急行列車脱線、乗客ら63人死亡」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。