SNSで話題→突然観光地に 訪れる人々、地元は困惑:朝日新聞デジタル

ほぉ・・・


夕日が沈むシャッターチャンスを狙い、大勢の人が海岸に集まった=木更津市の江川海岸
夕日が沈むシャッターチャンスを狙い、大勢の人が海岸に集まった=木更津市の江川海岸

幻想的な風景がツイッターなどのSNSで話題になり、突然観光地化する。そんな現象が千葉県の内房地域で続いている。木更津市の江川海岸は絶景で知られるボリビアのウユニ塩湖の「日本版」とアップされ、大勢の人が集まりだした。潮干狩りの時期以外は人気のない所だけに関係者も困惑している。

11月3日、夕暮れ時の江川海岸。潮干狩り用の駐車場には大型観光バス2台と数十台の車が並んでいた。岸壁は黒山の人だかり。200人以上はいそうだ。

お目当ては、海中から林立する電柱と海面に映る風景、そして遠くに見える工業地帯が醸し出す独特の風景。訪れた人はみんな、カメラやスマートフォンで絶景を狙った。

川崎市から来た20代のカップルは「こんな風景が車で1時間のところにある。ドライブがてら来ました。良い写真が撮れたらフェイスブックにアップしたい」。東京都内から来た20代のカップルは「ネットで見た景色が美しかったので。不思議な風景ですよね」と話した。大手観光会社のツアーコースにもなっているという。

江川海岸は春先から夏場まで潮干狩り客でにぎわう。電柱は沖にある密漁を監視する小屋に送電するためのものだが、いまは使われていない。「珍風景」として知られてはいたが、これほど人が集まるようになったのは、昨年暮れごろから「日本のウユニ塩湖」として美しい写真がネット上で紹介されてからだ。


君津市の「濃溝の滝」。3月と9月の晴れの日の早朝、横を向いたハート形が浮かび上がる=伊原弘晃さん撮影
君津市の「濃溝の滝」。3月と9月の晴れの日の早朝、横を向いたハート形が浮かび上がる=伊原弘晃さん撮影

「ジブリの映画のワンシーンに出てきそう」と話題になったのは君津市の「濃溝(のうみぞ)の滝」。春と秋に洞窟に差し込む日の光が水面に映り、ハート型になる写真が昨年春、SNSにアップされて人気に火がついた。地元の人たちは以前から、この渓流を観光地として売り出そうとしていたが報われなかった。それが1枚の写真で一変した。

ただ、こうした現象を地元は「うれしい悲鳴」と片付けることができない。君津市では駐車場に入りきらない車の列が渋滞を招き、苦情が殺到。市は9月の補正予算に597万円を計上し、臨時駐車場100台分を急きょ用意した。

木更津市の江川海岸ではゴミが大量に捨てられるようになり、電柱に登る人も出てきた。このため、潮干狩り場を管理する江川漁協は一部を立ち入り禁止にした。担当者は「夜になると明かりがないので危ない。しかし、岸壁は管轄外なので手の打ちようがない」と話す。

こうした苦情に加え、市は「何もしないで、これだけ人が集まっている。生かす方法はないのか」と市議会などから突き上げも受ける。ただ、訪れる人たちの滞在時間は30分程度の“通過観光地”。「海中電柱のある潮干狩り場」として売り出す案も出たが、家族連れが中心の潮干狩りと若者が多い写真撮影とは年齢層が重ならない。

市商工観光課の真戸原裕二課長は「この時期に閉鎖しているトイレの開放を検討しているが、ブームがいつまで続くか分からず、良い案が浮かばない」と頭を悩ませている。(堤恭太)

情報源: SNSで話題→突然観光地に 訪れる人々、地元は困惑:朝日新聞デジタル

他にもありそうだが・・・