神宮イベント火災 展示物近くに消火器なし 安全管理体制に疑い:イザ!

そりゃぁ、あれば真っ先に使われているよな。


東京・明治神宮外苑のアートイベントで木製展示物が燃え、幼稚園児の佐伯健仁(けんと)君(5)=東京都港区港南=が死亡した火災で、展示物の近くに消火器が設置されていなかったことが8日、捜査関係者への取材でわかった。展示物には燃えやすい木くずが大量に使われており、警視庁は安全管理体制に不備がなかったか調べている。

捜査関係者によると、出火後、現場にいた健仁君の父親や、制作者の日本工業大(埼玉県宮代町)の学生らが火を消し止めたが、展示物そばに消火器がなかったため、消火活動の遅れを招いた可能性がある。

白熱電球の熱で木くずが燃えたとみられるが、同大の男子生徒の1人は警視庁に「あたりが暗くなったので、午後4時半ごろ白熱電球を点灯させた」と説明。「展示物が燃えた」という110番通報は約45分後だったことから、短時間で出火したことがうかがえる。

また、学生は「火災のあった6日に初めて、展示物の内部で白熱電球をつけた」とも話している。当時4人の学生が輪番で展示物の安全管理に当たっており、警視庁は発火の危険性が共有されていたかについても調べる。

現場検証の結果、展示物の中心部分が最も激しく燃えていたことが判明。亡くなった健仁君は焼け跡の中心部分で見つかった。

火災が起きた明治神宮外苑のイベント会場=6日午後8時、東京都新宿区
火災が起きた明治神宮外苑のイベント会場=6日午後8時、東京都新宿区

情報源: 神宮イベント火災 展示物近くに消火器なし 安全管理体制に疑い:イザ!

そもそも、「おがくず」って燃料にも使われるようなもんだぞ。