「カブスが優勝するまでこの缶ビールは飲まない!」と決めていたおじいちゃん、32年越しに缶を開封!【動画】 – AOLニュース

さすがに腐ってるよな。


米で人気のクアーズの缶ビールが1本、1984年某日から今年の11月2日水曜日の夜まで開けられないまま存在していた。1984年、シカゴ・カブスがナ・リーグ優勝決定シリーズ(NLCS)でサンディエゴ・パドレスに負けた際、このおじいちゃんは自分の缶ビールを冷蔵庫の奥にしまい、シカゴ・カブスがワールドシリーズで勝利を収めるまで飲まないと心に決めたのだ。

私のおじいちゃんは32年間冷蔵庫でビールを冷やしていた。カブスがワールドシリーズで優勝したら開けると言っていた。そして今日がその日になった

多分おじいちゃんも32年もかかるとは思ってもみなかっただろうが、ようやくこの缶ビールを飲める日が来たのであった。そして、家族が見守る中、恐ろしいほど古くなってしまった缶ビールを遂に開けたのだ。

おじいちゃんの息子は次のように乾杯のスピーチを行った。「1984年から32年がたち、カブスがワールドシリーズで優勝したら飲もうと父が家で保管していた32年モノのクアーズの缶ビールがここにある。長く厳しい戦いの後、今夜ついにカブスが優勝したんだ!」

息子によれば「マジで臭い」とのことで、動画を見る限りビールを飲みはしなかったようだが、約束を守ってビールを保管していたおじいちゃんに乾杯だ!

■参照リンク
http://www.aol.com/

情報源: 「カブスが優勝するまでこの缶ビールは飲まない!」と決めていたおじいちゃん、32年越しに缶を開封!【動画】 – AOLニュース

しかしまぁ、よく保管していたな。