広島・黒田らが護国神社を参拝 25年ぶり優勝を報告

ほぉ・・・

神社から贈られた鯉の盾を披露する松田元オーナー(左)と緒方監督
神社から贈られた鯉の盾を披露する松田元オーナー(左)と緒方監督

松田元オーナー(65)、緒方孝市監督(47)をはじめ、引退を発表した黒田博樹(41)ら選手、コーチ、スタッフ総勢79人が参拝後し、神社から鯉が描かれた記念の盾が球団に贈られた。

同神社には毎年3月に必勝祈願を行っているが、選手会長の小窪哲也内野手(31)は「春に来た時点では(優勝報告を)したいと思っていたが、想像がつかなかった。シーズンを戦う中で一試合一試合強くなり、みんながひとつになって戦っていけた」と素直な心情を吐露。「秋のキャンプからは、もう1ランク上がれるように、自覚を持って練習していきたい」と目前で逃した日本一奪還に向け、闘志を燃やした。

護国神社なんて、年に一回しか行かないな、フードフェスタの時だが。