TPP衆院特別委 委員長職権で4日採決へ | NHKニュース

まぁ、ええんやない。

TPP協定に関する衆議院の特別委員会は、夕方、理事会を開き、与党側が、2日に予定されていた採決などを4日に先送りしたいと提案したのに対し、民進党などは、山本農林水産大臣の辞任を求めて反対し、塩谷委員長が職権で4日に採決を行うことを決めました。

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の国会承認を求める議案と関連法案を審議している衆議院の特別委員会は2日夕方に理事会を開き、山本農林水産大臣の発言の影響で2日の委員会の開催が見送られたことを受けて、今後の日程について協議しました。

この中で、与党側は「山本大臣の発言は遺憾だが、必要な審議は進めていきたい」として、日程を先送りし、4日に安倍総理大臣の出席を求めて締めくくりの総括質疑を行ったうえで、採決を行いたいと提案しました。これに対して、民進党と共産党は「山本大臣の発言は国会を冒とくするもので許されない」として、山本大臣の辞任を求め、委員会の開催に反対する考えを示し、民進党は反発して途中で退席しました。

このため、自民党の塩谷委員長が職権で、4日午後に委員会を開いて、締めくくりの総括質疑と採決を行うことを決めました。このあと、衆議院議院運営委員会の理事会が開かれ、佐藤委員長が職権で、4日に本会議を開き、地球温暖化対策を進める国際的な枠組み「パリ協定」の締結に必要な議案などを採決することを決めました。

一方で、佐藤委員長は「私も議長や副議長と相談しながら進めていきたい。できるだけ円満な形で結論が出せるよう、最後まで努力してほしい」と述べ、TPP協定の議案と関連法案の扱いは、4日の理事会で正式に決める考えを示しました。

どうなるかわからんけど。