スノボ男子HP、未成年2人が飲酒 スキー連盟が処分へ :日本経済新聞

なんだかなぁ・・・

全日本スキー連盟(SAJ)は26日、東京都内で記者会見し、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)の未成年の2選手が今年2月に国内で飲酒していたと発表した。SAJの行動規範に違反するとして、居合わせた成人の2選手と共に11月の理事会で処分を検討する。4人ともSAJの強化指定選手だった。

SAJは4月にもスノーボード男子スロープスタイルで強化指定を受けていた未成年の2選手が米国遠征中に大麻を使用したとして事実上の除名処分を科しており、相次ぐ不祥事発覚となった。

SAJによると、HPの未成年の2人は2月20日、札幌市で行われた全日本選手権の打ち上げとして同市内のクラブで酒を飲んだ。成人の2人は同じ店を訪れていたが、飲酒を黙認したという。

5月中旬に関係者の指摘で連盟が調査し、6月に4選手とも事実関係を認めた。問題の把握から公表に約5カ月も要しており、北野貴裕会長は「対応が遅れたと反省している」と述べた。発表が遅れた理由は4人が受給していた日本スポーツ振興センター(JSC)のアスリート助成金の返還を検討していたためと説明。だがスポーツ庁とJSCの指導で公表したという。

4選手を含めたHPのナショナルチーム全体が現在は合宿や遠征などの活動を自粛している。〔共同〕

ちゃんと管理しろよ。