南シナ海で緊密連携=米とも協力維持―日比首脳 (時事通信) – Yahoo!ニュース

どこまで信じられるよ?

安倍晋三首相は26日夕、フィリピンのドゥテルテ大統領と首相官邸で会談した。

中国がフィリピンと領有権を争う南シナ海問題について、緊密に連携して対応することで一致した。両首脳は、「法の支配」に基づき、紛争を平和的に解決する重要性を確認。米国を含む3カ国協力の重要性を共有する共同声明も発表した。

首相は、南シナ海問題について「地域の平和と安定に直結する国際社会全体の関心事項だ」と指摘。先に大統領が訪中したことに触れ、「中国との関係の改善に尽力していることを歓迎する」と伝えた。

大統領は「南シナ海で紛争があれば、平和裏に解決する価値観を基に、(日本と)緊密に協力する」と表明。「私は日本側に立つつもりだ。法の支配に向かって努力することが大切だ」と強調した。

先に訪中した際、大統領は中国の主張を退けた仲裁裁判所判決を事実上、棚上げする姿勢を示していた。26日は「判決の範囲外の立場を取ることはできない」と述べ、当事者に対して拘束力を持つとの認識を示した。

首相は、大統領が先に「決別した」と言及した対米関係について説明を求めた。これに対し、大統領は「米国と外交関係を断ち切るわけではない」と釈明した。

両首脳は、南シナ海問題の平和的解決や日米、米比同盟の重要性を確認する共同声明に署名した。

首相は会談で、大統領が力を入れる国内の違法薬物対策について、中毒者の更生を日本政府として支援していく考えを伝えた。

安全保障分野では、フィリピンの海上対処能力を向上させるため、大型巡視船2隻の供与や、海上自衛隊練習機「TC90」の貸与で合意。大統領の地元ミンダナオ地域の開発計画に関する資金提供も決めた。

大統領は首相のフィリピン訪問を招請し、首相も快諾した。

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(左から2人目)と会談する安倍晋三首相(右から3人目)。中国がフィリピンと領有権を争う南シナ海問題について、緊密に連携して対応することで一致した=26日

信用できないんだよなぁ。