日本ハム逆転勝ちで2勝2敗のタイ 中田同点弾、レアード決勝弾/野球/デイリースポーツ online

惜しかった・・・

「日本シリーズ・第4戦、日本ハム3-1広島」(26日、札幌ドーム)

日本ハムが逆転勝ちし、連勝で対戦成績を2勝2敗とした。中田の同点ソロ、レアードの勝ち越し2ランと、効果的な一発が飛び出した。

日本ハムは四回の守りで、2死一塁から、エルドレッドの飛球を右翼・近藤が捕球できず(記録は失策)、先制点を失った。しかし六回、中田が広島先発・岡田から、左翼席へ今シリーズ初本塁打となるソロを放って同点。1-1の八回にはレアードが、広島3番手・ジャクソンから今シリーズ2本目となる2ランをバックスクリーンに運び、試合を決めた。

先発の高梨は5回を投げ2安打1失点(自責点0)の好投。六、七回はバース、八回は谷元が無失点投球。九回は宮西が2死走者なしから四球と安打2本で満塁のピンチを迎えたが、最後は丸を空振り三振に打ち取って試合を締めた。

広島は連敗。打線が4安打1得点と低調だった。先発・岡田は6回4安打1失点と好投したが、八回に3番手ジャクソンが中田に決勝2ランを浴びた。

日本ハム・栗山監督は九回の窮地をしのいだことに「しびれました。うちの投手の中では一番信頼している宮西がマウンドに居てくれたので、信じていました」と話した。

決勝2ランを放ったレアードは、お立ち台で「うれしいの一言。接戦で負けらない試合だったので2ランホームラン打てて幸せでした。アリガトウゴザイマシタ。ファイターズ、ダイスキィ。ファイターズ、サイコウ」と喜びを爆発させた。

8回、勝ち越し2ランを放ち、ナインの前で雄たけびを上げるレアード(撮影・西岡正)
8回、勝ち越し2ランを放ち、ナインの前で雄たけびを上げるレアード(撮影・西岡正)

9回満塁からの一発が出なかったな・・・