カツの横流し、起訴内容認める 名古屋地裁、初公判 :日本経済新聞

へぇ、認めるんだ。

カレーチェーン店CoCo壱番屋を展開する壱番屋(愛知県一宮市)の冷凍ビーフカツが横流しされた事件で、詐欺罪に問われた食品販売会社の元従業員、木村正敏被告(76)の初公判が26日、名古屋地裁(鵜飼祐充裁判官)で開かれた。木村被告は「間違いございません」などと起訴内容を認めた。

起訴状によると、木村被告は昨年9~12月、壱番屋の冷凍カツが異物混入の可能性があるとして廃棄委託されたことを知りながら、名古屋市内の業者に「ココイチのビーフカツが入ります。規格外品です」などと虚偽を説明。カツ約2万3千枚を約120万円で販売したとされる。

木村被告は当時、同市の食品販売会社の従業員で、産業廃棄物処理業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)から製麺業者「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)を通じ、廃棄カツを仕入れていたとみられる。

ダイコー会長、大西一幸被告(76)=詐欺罪などで起訴、みのりフーズの元実質経営者、岡田正男被告(79)=同=はそれぞれ27日と31日に初公判を迎える。

まぁ、当然か。