コカ・コーラとキリンが業務提携を検討 | NHKニュース

マジか。

国内の清涼飲料市場で激しい競争が続くなか、飲料大手の「コカ・コーラ」のグループと、「キリンホールディングス」がコスト削減による収益力の強化をめざし、物流や原料の共同調達などで業務提携を検討していることが分かりました。

関係者によりますと、清涼飲料業界1位の「コカ・コーラ」のグループと、4位の「キリンビバレッジ」を傘下に持つ「キリンホールディングス」は、清涼飲料事業の分野で業務提携を検討しています。

具体的には、製品の共同配送や清涼飲料の原料や容器などの資材を共同で調達することなどを検討します。
また、両社の提携は業務面にとどまらず今後、互いのグループ企業どうしで株式を持ち合う資本提携に発展する可能性もあるということです。

国内市場が縮小する中、清涼飲料業界では、メーカー間の価格競争が激しくなっていて、今回の提携で両社はコストを削減し収益力の強化を図る狙いがあるとみられます。

業界1位と4位による提携が実現すれば、ほかの大手メーカーの経営戦略にも大きな影響を及ぼすことになりそうです。

独禁法に抵触しねぇの?