【海外発!Breaking News】国民平均給与の4.5か月分 iPhone 7など買えないウクライナの人々にショップが珍提案 | Techinsight

へぇ・・・

最新型のiPhoneはとにかく高価。特にウクライナの人々にとっては「これを買ったら完全に生活が回らなくなる」との覚悟が必要であるそうだ。しかしこの国においてもiPhoneを普及させたいと考える携帯ショップから、ある条件付きで無料プレゼントとなる面白いアイデアが提案された。

ウクライナ・ドニプロペトローウシク州の「ALLO.ua」という携帯電話ショップによれば、同国民にとって最新型iPhone 7の価格は平均月収の4.5か月分にも相当するとのこと。「これでは売れるわけがない」と絶望感をにじませていた彼らだが、なんとも珍しい無料プレゼントのアイデアを10月17日に発表し、人々の関心を集めることに成功したようだ。

それは「“iPhone Seven”さんに改名してみませんか? お礼にiPhone 7(32GB)を差し上げます」というもので、希望者は役所で正式に改名申請を行い、手続き完了後に発行される写真入り新IDに自撮りの写真を添え、「ALLO.ua」の該当ページに申し込む。承認が下りればショップへの招待状が届き、そこでiPhone 7がプレゼントされるという。

現在ウクライナ全土において“iPhone Seven”さんという人は1人もいないとのこと。「ALLO.ua」は学校、銀行、病院、もうあらゆる場所でその名が高らかに呼ばれることを期待しており、広告宣伝費用と考えればむしろ安上がりかもしれない。ちなみに先着5名のみとあるが、申込期限は来年3月1日となかなか悠長である。家族が反対する中、長く慣れ親しんできた名を変えてまで最新型iPhoneにこだわる人はどれほどいるものか、「焦って飛びつく必要はまったくない」との意見もあるようだ。

名前を変えてまで欲しいかね・・・?