国税庁、脆弱性が発見されたため一時提供を中止していた「e-Tax」ソフトを再公開 – 窓の杜

ふむ・・・

一部機能は未提供。10月末の利用再開を目指してメンテナンスを継続

国税庁のアナウンスページ
国税庁のアナウンスページ

インストーラーに脆弱性が発見されたため一時提供が中止されていた国税庁の「e-Tax」ソフトが、25日に再公開された。共通プログラムや直近年分の申告、申請および届出にかかわるプログラムが現在ダウンロード可能。アップデートも行える。

ただし、前年以前分の申告にかかわるプログラムの利用、公的個人認証による署名付与を目的とした公的個人認証サービス利用者クライアントソフトの新規インストールなどは依然復旧していないとのこと。また、Windows VistaユーザーがWeb版「e-Tax」ソフト、NISAコーナーおよびFATCAコーナー以外を新規に利用開始することもできないので注意。

すべてのサービスが再び利用可能になるのは、10月末ごろになる見込み。

関連リンク

e-Taxか・・・