リプレー検証で広島勝ち越し!判定覆る 西川のレーザーは幻に/カープ/デイリースポーツ online

このまま決めてくれ。

「日本シリーズ・第2戦、広島-日本ハム」(23日、マツダスタジアム)

六回、広島の攻撃で本塁のクロスプレーを巡って、リプレー検証が行われた。一度はアウトの判定だったが、覆って広島の勝ち越しが認められた。

問題のシーンは六回、広島の攻撃。先頭で、ポストシーズン打撃好調の田中が、左翼線を破る二塁打で出塁。続く菊池は2ボール1ストライクから、意表を突いてバスター攻撃。打球は遊撃手・中島卓の左を抜けた。

左翼手・西川からのダイレクト返球に、田中がタッチをかいぐぐって左手でホームにタッチした。だが、球審の白井はアウトコール。このプレー後、審判団が集まって、リプレー検証に入った。責任審判の丹波は「リプレー検証の結果、田中選手の手が先にホームに着きましたので、セーフとしてプレー再開します」と説明。田中の生還が認められた。

6回、菊池の左前適時打で生還する田中

カメラGJ