ドラフト会議、外れくじが完全白紙に 15年に燕・真中監督が“勘違い” – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

へぇ・・・

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が20日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。

今年からドラフト1位指名が競合した場合の抽選で、外れくじは完全な白紙を使うことになった。「交渉権確定」と記されているのが当たりくじだが、これまでは外れくじにもドラフト会議のロゴマークが印刷されていたために勘違いするケースがあった。

昨年、ヤクルトの真中監督がロゴマークを見て当たりと思い込み、テレビのインタビューまで受けるハプニングがあったことで変更された。

あったなぁ、そういうのも。