ボート、韓国開催も検討 IOC、現計画で困難なら:朝日新聞デジタル

ねーよ。

2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場について、国際オリンピック委員会(IOC)が、現計画の海の森水上競技場(東京湾臨海部)での実施が困難な場合を想定し、韓国での開催を検討していることが17日、分かった。複数の大会関係者が明らかにした。

小池百合子・東京都知事が長沼ボート場(宮城県登米市)への移転を含めて開催計画の見直しを検討しているが、IOCや国際競技団体は「海の森」を最善と評価している。トーマス・バッハIOC会長が18日に小池氏と会談し、開催計画について意見交換する。今後、日本側との調整が難航した場合、IOCが韓国案を持ち出す可能性がある。

IOCが検討対象としているのは、韓国・忠州市のボート場。2014年アジア大会のボート会場で、交通アクセスに課題があるものの、ボート関係者によると「数カ月あれば、五輪を開催できるような能力をもったコース」という。

会場をめぐっては、小池氏が選んだ都の調査チームが先月、「海の森」の事業費が約500億円に上ることを問題視し、「長沼」への変更などの見直しを提言した。ただ、IOCなどは、「長沼」を含む複数会場から「海の森」に決めた従来の検討結果を重視。代替地で新たに施設整備をするよりも、国際大会の開催実績のある韓国での開催を視野に入れている。

IOCは、バッハ会長就任後の14年に採択した五輪改革策「アジェンダ2020」で、「例外的」としつつも、開催国以外での競技実施を容認した。開催地の負担増で、招致希望都市の撤退が相次いだ事情が背景にある。開催費捻出が危ぶまれた平昌(韓国)での18年冬季五輪について、一部競技の国外開催を韓国側に打診したこともある。

韓国でやるくらいなら、開催返上するわ。


「ボート、韓国開催も検討 IOC、現計画で困難なら:朝日新聞デジタル」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。